M.Nさん
2020/07/13
M.Nさん
理学部 生物・化学科 2019年入学
自由時間の使い方
私は大学の授業の空き時間を利用して、普通運転免許の所得とアルバイトを行いました。
大学生活で一番驚いたことは、自由時間の多さです。学部にもよりますが、中学校・高等学校と比べて週あたりの授業の数は半分ほどです。大学では授業と授業の間が非常に大きい時間が空くことも多いです。その分各個人の自由時間が増えることになります。そこで重要なのが、自由時間の使い方です。

私は普通運転免許の所得とアルバイトに利用しました。運転免許は私の小さい頃からの憧れであり、夢でした。自動車のカタログを見ては、自分がその車に乗った姿を夢想していました。大学の授業間の空き時間や全ての授業が終わった後の放課後を利用して、生協と提携しているそうごう自動車学校に通いました。教習所の講師の方々は丁寧に指導して下さり、スムーズに普通自動車の運転免許を取ることができました。

また、運転免許所得後は、生協でアルバイトを始めました。生協では、この大学に通う大学生がアルバイトとして働いています。ここでは社会体験だけでなく、同期や先輩たちといった多くの知己を得ました。
当然、同じ学部の同期とも一緒に遊んだりもしました。

学年が上がるにつれて、授業の内容はより専門的になり、難しくなっていきます。当然、自由時間も徐々に制限されていきます。
ぜひ合格して、大学生の間の長いようで短い時間を有意義に過ごしてください。
この先輩が利用した入学準備