N.Fさん
2020/07/13
N.Fさん
理学部創成科学研究科 2016年度入学
「大学生活は海外に飛び出そう!」

私は大学生活でオーストラリア・シンガポール・台湾の三か国に一週間ずつ行きました。
いずれも大学が主催するイベントを利用し、勉強も兼ねて参加しました。オーストラリアは一年生の夏休み(生協のシドニーツアー)、シンガポールは一年生の春休み、台湾は三年生の三月に行きました。

一から全部自分で手続きするのも良い経験になりますが、大変なので、大学主催のプログラムや交換留学、ツアー等を利用すると便利です。

「地球の歩き方」という本は、その国の歴史や文化などが載っているためとても役に立ちました。その本だけでなく、行く国についてのエッセイ本も読んでおくといいですよ。

海外に行くときは、常備薬、Wi-Fiのルーター、変圧器、変換プラグ(コンセントの種類が違うため)を用意しておくと安心です。

海外に行くことのメリットは、日本を外から見ることができることだと思います。異文化を直接体験できることも良いところだと感じました。

また、英語を話さなければならないため、とても英会話の練習になります。英語が苦手でも話してみると伝わることが多く、発音を気にするよりもとりあえず話すことが大事だということに気づきました。

大学生活のうちにぜひ海外に行ってみてほしいです。

当然ですが、パスポートは早めに取っておきましょう!

この先輩が利用した入学準備