勉学研究の充実のために

大学生にパソコンは必需品です

画像

鳥取大学生協は学生のためのパソコンを環境をサポート

鳥取大学生協では、大学推奨のパソコンを16年、累計14,000台以上取り扱ってきました。
今年度も講義でもプライベートでも安心して使っていただける生協オリジナルパソコンを自信を持ってお薦めします。鳥取大学生協は学生のためのパソコン環境をサポートします!

Surface Pro 7

仕様詳細

  • CPU:Corei5-1035G4 Quad-Core 10th
  • メモリ:8GB
  • SSD:128GB
  • バッテリー駆動:最大10.5時間
  • OS:Windows10 Pro
  • Office:365 A3
    (大学より無償交付・
     お渡し時インストール方法案内)
  • 本体カラー:プラチナ
  • タイプカバー:ブラック
  • 専用ペン:あり
  • 本体重量:775g
    (本体のみの重量)
画像
画像
  • Officeにつきましては、鳥取大学より無償提供されます。インストール・ご利用の詳細についてはPCお渡し時にご案内致します。

大学生協オリジナルパソコンセット

鳥取大学指定の条件を満たすセットを特別価格でご提供しています。

画像 画像

画像

生協オリジナルパソコンのおすすめポイント

point 1
鳥取大学の推奨仕様

4年間で必要なアイテムをセットにしました!

point 2
PCお渡し時の設定サポート

受け取ったその日からSurfaceが使えます

point 3
サポートにも加入可能

「困った!」に対応するサポートに加入できます

<オリジナルパソコンSurface Pro/Surface Laptop本体の仕様詳細>

Surface Pro 7 Surface Laptop 3
CPU Corei5-1035G4 Quad-Core 10th Corei7-1065G7 Quad-Core 10th
メモリ 8GB 16GB
SSD 128GB 256GB
駆動時間 最大10.5時間 最大11.5時間
OS Windows10 Pro
Office 365 A3 (大学より無償交付・お渡し時インストール方法案内)
本体カラー プラチナ ブラック
タイプカバー ブラック
専用ペン あり なし
重量 775g
(本体のみの重量)
1,283g

4年間動産保証 同時加入をお薦めします

修理が必要な故障トラブルに、幅広く対応します!

昨年度PC購入者の申込み率 約94%

「自転車のカゴに入れて持ち運びしていたら降りた後に自転車が倒れた」「タブレットとして片手で持ち運んでいたら落としてしまった」「カバンに入れたままで部屋に置いていたら誤って踏んでしまった」など、大学生活の4年間では思いもしないトラブルでパソコンが故障してしまうこともあります。そんな時「4年間PCハードウェア保証」に申込んでいれば修理費用の心配はありません。

画像
  • 生協でPCを購入された方のみご注文いただけます。
  • 4月以降はお申込みいただけませんので、入学前に手続きください。
画像

POINT1 生協ショップ内のPCサポートデスクで対応

大学生活の4年間では思いもしないトラブルで突然故障してしまうこともあります。もし故障してしまっても大学内にある生協ショップで修理を依頼できます!鳥大生の先輩が対応してくれるのでとっても相談しやすいですよ!

POINT2 修理期間中は無料でPCを貸出し!

修理に出している間も課題や実験などでPCを使う機会は多々あります。そこで、保証加入者には修理期間中もPCを使っていただけるように無料の代替機をご用意しています。

※代替機は数に限りがありますので一回の貸出しで2週間とさせていただきます。延長されたい場合は一度サポートデスクにて空きがあるかご確認ください。

POINT3 自然故障だけでなく、物損故障も保証!

自然故障だけでなく、物損故障も保証!家の中や研究室などでぶつけたり、通学中に落として破損してしまった時にも対応できます!画面だけでなくUSBやイヤホンのポートの破損など、幅広い修理に対応しています。

■窓口は生協ショップ内にあります。

画像

鳥取キャンパス

画像

医学部(米子)キャンパス

画像

修理中は無料PCを貸出しします。

鳥大生はどのくらい利用しているの?

全体的に多いのは大学生活にも慣れてきて、ふとした時に壊してしまった6月、夏休み中に壊れてしまったり後期が始まってから久しぶりに起動したときに調子が悪いことに気づき持ってくる10月や年末、年度末に卒論やその後に備え駆け込みの多い2月に利用が集中する傾向があります。学年問わず破損や経年劣化にてトラブルは絶えません。
故障する原因で多いのは学生が落としたり、PCを入れたリュックを自転車のカゴに入れて運んだり床に置いた際の衝撃によるものなど、通常メーカー保証では対象外となるケースが半数以上!

自己の過失による故障も保証される4年間PCハードウェア保証の加入がオススメです

画像
画像

修理事例

画面割れ
画像

通学時にPCをリュックに入れて自転車のカゴに入れて運んでいた。講義室について出してみると画面が割れていた。リュックに入れるときにPCバッグには入れていなかった。

ポートの破損
画像

ワイヤレスマウスの受信機を挿したままPCバッグにしまい、次に出したら受信機の挿した部分が入ったまま壊れていた。

浸水
画像

手に持っていたコーヒーがこぼれてPC本体にかかってしまい、浸水して起動しなくなってしまった。

保証内容・明細

自然故障 4年間何度でも修理可能

物損故障 4年間で最大2回保証
破損・水漏れ・落下等のアクシデント故障も保証対象

Surfaceは修理ではなくリファービッシュ (再生品)と交換対応となります。

  • 対象外:盗難・紛失・洪水による故障・地震(地震に起因する津波・噴火を含む)による故障・故障によって生じた経済的損害や二次災害等、電源アダプター、ペン、タイプカバー、バッテリーの劣化による故障
  • タイプカバーおよびペンは1年のメーカー標準保証がついています。
  • 20年4月のPC受取り後から保証の開始となりますが、保証対象機種の登録作業のため、修理対応開始はお時間をいただく場合がございます。修理開始までの間は同機種を貸出しいたします。

4年間動産保証のおすすめ

工学部 3回生 田中 哲哉さん

この保証に入っていて、助かりました!

画像 皆さん、2018年度の修理件数はいくらだったと思いますか。なんと、260件もありました。平日の日数が245日程度なので、1日に1件以上修理を受け付けていることになり、その中でも画面の破損は頻繁に発生しています。
実は、私もそんな一人で、パソコンを落とした時に画面が割れてしまいました。幸い本体の電源は入りましたが、大事なデータのバックアップの取り方が分からなかったので、PCサポートデスクの方に尋ねたら優しく教えてくれ、無事に修理へと進むことが出来ました。
手続きが学内で出来ることもとてもありがたく、空きコマなどを利用して修理に出し、受け取ることが出来るので、スムーズに自分のPCを使い続けることが出来ました。

PC安心サポートサービスでPCライフをバックアップ(同時加入をお勧めします)

周辺機器の無料貸し出しから、困ったときの相談受付まで

学内のオンデマンドプリンターへの接続や無線LANの設定などの対応は、大学生協オリジナルパソコンセットをご購入の方は無料で対応いたします。充電器や周辺機器の貸出、データのバックアップ対応から自宅でレポートを作成していてwordが開かないなど、ソフトの更新や設定などの無料対応もいたします。

画像
  • 生協でPCを購入された方のみご注文いただけます。
画像

POINT1 ちょっとしたトラブルや困りごとをサポートします!

ハードウェア故障以外のトラブルに対応

  • エラー表示が出て進まない
  • 長期間使ってなくて久しぶりに使おうとしたら動かない!
  • 動作が重くて困ってる
  • 学内のWi-Fiにつながらない 等

PCの使い方・活用方法についてのサポート

  • Officeの使い方、インストール方法
  • ソフトの更新や設定
  • データを外部メディアにバックアップ 等
画像

POINT2 研修を積んだ先輩スタッフ・職員が対応します!

鳥大生のスタッフが親身になってサポート!
研修を積んだ頼れる職員・先輩スタッフが対応します!
また、基本的な対応研修に加え、PCをよく知る、興味を持つためにPCの組み立て研修なども行っています。

画像
PCサポートアプリ
画像

来店が難しいときもアプリでサポートします!

なかなか時間が取れず来店できないときはアプリから相談したり、解決レシピを見ることもできます。
また、ワークショップや機器に関するイベントの開催告知が届き、来店申込もアプリから可能です。

こんなとき、サポートサービスに入っていれば安心です!

生協ショップ内のサポートデスクにSurfaceを持ち込んでいただくと専門スタッフが対応いたします。トラブル対応から使い方相談まで、幅広くお問合せください!

カテゴリ サポート内容 一般価格 サポート価格
PC設定 学内LAN の接続 0 円 0円
PC相談 ウイルス対策ソフトを設定・更新 3,000 円 0円
データを外部メディアにバックアップ 3,000 円 0円
Surfaceの使い方相談 2,000 円 0円
貸出 コネクタの貸出 各種有料 0円

場面に合わせて必要な周辺機器を無料貸出!

家に充電器を忘れてしまった…。ゼミで発表する時にアダプターがない…。こんな時もサポートパックに入っていれば安心です。普段あまり使わないけど、あると便利な周辺機器や高価で購入できない機器など、サポートパック加入者であれば無料で貸し出しできます。購入前に使えるか試してみたいという方もお待ちしております。

日頃から必要な周辺機器

Surface電源アダプタ
画像
DVDドライブ
画像
USBハブ
画像

すべて無料!

あなたのプレゼンをもっと魅力的に!

ワイヤレスディスプレイアダプター
画像

ワイヤレスでプレゼンテーション!

プロジェクター・スクリーン
画像

どこでもプレゼンテーション!

すべて無料!

PCライフをもっと楽しむための周辺機器もご用意!

普段から機器に興味を持ってもらいたい、Surfaceを楽しんでもらいたい、そんな気持ちから安心サポートサービスに申込みいただいている方限定の貸出し機を用意しました。興味があるけど高額でなかなか手が出せない、ちょっとお試しで使ってみたい!、企画で使いたい!などそんな方にオススメです!

スピーカー
画像

普段見ている動画も、よりクリアな音で

GoPro
画像

YouTuberにも人気のアクションカメラ

Adobe CC 搭載surface
画像

印刷物作成・画像や動画編集などができるソフトが揃っています

すべて加入者限定で無料貸出

PC安心サポートサービスのおすすめ

4年間PCハードウェア保証+PC安心サポートサービス
加入で、生協が全面的にバックアップ!

本体の故障かソフトウェアの問題かどちらか分からないような場合も、両方のサービスをご利用いただくことで生協が全面的にサポートいたします。ぜひ同時にお申込みください。

画像

大学生活ではパソコンを使う場面が格段に増えます

画像

大学生活の幅広い活動には、パソコンの環境が欠かせません。大学のレポート作成や発表はもちろん、課外活動での資料作成や、就職活動まで、幅広く活用することが求められます。
鳥取大学では、パソコンを活用する環境が整えられています。構内に無線LANスポットが提供されているエリアが複数あり、自分のパソコンで自由にインターネットが可能です。構内では、ゼミや友だち、仲間同士などさまざまな用途でパソコンが活用されています。

大学生に最適なパソコン選び

画像

大学生のパソコン(PC)は、買ったら終わりではありません

大学生のパソコン選びのポイントは「本体の性能が如何に高いか」だけではありません。
卒業後、社会に出ればパソコンは使えて当たり前、大学生活の中で優れた機能を持ったパソコンを「使いこなす」ためのスキルを習得することが求められています。
また、機器であるパソコンにトラブルはつきもの。4年間の中で「万が一の故障にも対応」し、「使い方を気軽に相談できる」体制が整っていることが求められます。
大学生協では長年に渡る鳥大生へのPCの提供を通じて、最適な機種の提案はもちろん、様々なサポートに取り組んできました。ぜひ大学生協のパソコンとサポートを合わせてお申込みいただき、鳥取大学での学びにフルにご活用ください。

画像

鳥大生のみなさんにSurfaceをオススメする3つの理由

オススメの理由1

Surfaceには大学生の学びをよりワクワク&効果的にする機能が満載!

オススメの理由2

4年間に使う物が揃った「オリジナルパソコンセット」を購入できる!

オススメの理由3

生協で購入した方しか申込めない「3つのサポート」が魅力的!

生協でSurfaceをご購入いただくと
よりPCを活かせる「3つのサポート」に申込むことができます

生協でSurfaceをご購入いただくと、下記の3つのサポートにお申込みいただくことができます。Surfaceを使った大学生活が、より効果的かつ安心なものになるように、Surfaceをご注文の際には同時に申込まれることをオススメします。

画像

故障時のサポート

4年間PCハードウェア保証

画像

自然故障と物損故障を保証!
修理中の代替機もご用意

自然故障はもちろん、物損故障にも対応しているので、4年間安心してPCを使用できます。

ハードウェア保証申込みはこちら
普段の困りごとをサポート

PC安心サポートサービス

画像

困ったときの相談受付と、周辺機器の無料貸出

Surfaceの使い方がわからない!今日だけこの機器を借りたい!そんな日常の困りごとを、頼れる先輩スタッフが解決します。

安心サポートサービス申込みはこちら
PC活用のためのサポート

Surface活用講座

画像

大学での学びに根差したSurfaceの使い方を学ぶ

Surfaceの操作方法はもちろん、鳥取大学でSurfaceを活用した学び方をチーム形式で学ぶことができます。

Surface活用講座申込みはこちら
大学生協オリジナルパソコンセット

大学生のパソコン事情

2013大学生のパソコン事情

※2013年の座談会の内容です。

これまで携帯電話やスマートフォンだけで、メールや音楽などのデジタルコンテンツを利用していた人も、これからはパソコンを活用して、レポート提出やプレゼンテーションをすることが求められてきます。
先輩たちは、どのようにパソコンを使っているのか、また、学生のうちに身につけておきたいパソコンのスキルについて、社会人になった時の使われ方など、インテル株式会社の廣田さん、高橋さんを交えて座談会が行われました。

画像
スマートフォンやタブレットを持っている人は、学生活の中でどのように使っているんですか? インテル株式会社 クラウド・コンピューティング事業本部 廣田 洋一さん
画像
PCはレポート作成や就活につかう
今日のような座談会で何を話そうか、考えてきたことやアイデアをこうやってタブレットに入れています。パソコンは、レポート作成や就活のエントリーシートをまとめることに使い、それをスマートフォンで外出先から見ることもあります。 高知大学 理学部2年生 井上 彩希さん
画像
それぞれの機種の特長をよく活かした使い方ですね。
スマートフォンやタブレットは携帯性、即時性に優れているので、外出先で情報を確認したりちょっとした調べ物に使うのが便利だと思います。
仕事のシーンでは、企画書を書いたり、顧客や上司にフォーマルなメールを返信するときには、スマートフォンではなく、やはりパソコンを使わないとクオリティの高い成果を出すことは難しいですね。
画像
プレゼンテーションは楽しむもの
いま就職活動をしている僕の友だちは、スマホは使っているけどパソコンはあまり使っていないようで、レポート作成や発表がある時、そういう時にしか使っていない。
でも急に使ったってうまくいかないようで、プレゼンの内容があまり伝わってこないこともありますね…。僕は、プレゼンテーションは楽しむものだと思っていて、人に自分の意見がうまく伝わったことを感じられた時はすごく楽しい!
パソコンは、使い方を覚えるだけではなく、人に伝えること、表現することの楽しさを実感できる道具だと思っています。 香川大学 経済学部3年生 坂本 啓輔さん
画像
人に伝えるための「もの」づくりで慣れる
パソコンの使い方を覚えたりレポートさえ作れればいいというわけではなくて、人に伝えるための「もの」づくりに、普段から慣れておくのが大切だよね。
1年生の最初にパソコンやソフトの使い方をとりあえず覚えても、そのあと使う機会がないと、卒論を書く頃に急にパソコンを広げても良いものは作れない気がするし。 山口大学 経済学部4年生 木村 優美さん
画像
会社で仕事をしていると、自分から情報を発信したり、チームのメンバーと情報を共有して「人に伝える」ということが多くなりますね。パソコンを使って「伝わる情報を作る」作業がとても増えてきますよ。 インテル株式会社 営業本部 高橋 登久さん(2009年入社・4年目)
画像
大学に入ってからはコンテンツを生みだす 大学に入ってからのパソコンの使い方っていうのは、動画をみたり音楽をダウンロードしたりっていう、コンテンツを消費するだけではなくて、ものを生み出す、「クリエイトする」という概念にチェンジした気がします。
パソコンの使い方の基礎はもちろん、アウトプットされるもののクオリティも磨いていけるようにすることが大事だということですね。 広島大学 大学院工学研究科M1年 笠置 明彦さん
画像
そうですね。特に社会に出たら、パソコンで作った「もの」の内容と質が問われてくるようになり、より伝わりやすく高品質な情報をアウトプットできるかどうかが、評価のひとつになります。
そのために、その表現の道具であるパソコンをどううまく使うかという、いわゆるパソコンスキルを、学生時代にしっかり身につけておいて欲しいと思っています。
画像
基礎的なPCスキルを身につけよう!
大学や学部によってパソコンの使い方や使う頻度は違うと思うけれど、基礎的なパソコンスキルは身につけておかなければ! ということですね。
WordやExcel、Power PointなどのOffice系ソフトは、大学でも社会に出てからも使っていくものだから、ソフトの基本的な使い方はもちろん、豊富な機能を知ってそれを使いこなして、高品質な書類を作れるようになっておきたいですね。 徳島大学 工学部4年生 波多野 健太さん
画像
社会人になってからはパソコンの使い方を勉強する時間もないまま、あたりまえのように仕事が入ってきます。もちろん、先輩社員からパソコンやソフトウエアの使い方なんて、なかなか教えてもらえませんよ。学生のうちにそうやって自分の力で身に付けることが大切だと思います。
画像
まずは毎日使い続ける
最初は張り切ってパソコンの使い方や基礎を覚えようとしていても、使わなかったら忘れていってしまうことも多い、って話しをよく聞くね。だから、パソコンスキルを身に付けるためには、まず、興味を持って毎日使い続けることが大切だということですよね。 水産大学校 水産流通経営学科2年生 花渕 翔一さん
画像
新しいコンテンツもどんどん使う
FacebookやTwitterというSNS、EvernoteやDropboxようなクラウドサービスなど、新しいコンテンツもどんどん使ってみることをおすすめしたいですね。
Facebookで友だちとつながるのは楽しいし。ただ、こういうサービスはいつ無くなるか、変わるかわからないけど、使ってみて中身や仕組みを知っていると、新しいサービスが出てきても、それにすぐに適応できる力がつくと思うし。 愛媛大学 工学部情報工学科3年生 筑瀬 勇太さん
画像
パソコンスキルを身につけるためには、道具であるパソコンに慣れることですが、レポート作成のためのOffice系ソフトばかりだと、疲れてくることもわかります。
そんなときは、そういったSNSでコミュニケーションを取ったり、動画やイラスト投稿サイトに自分の作品を投稿することも良いと思いますよ。
パソコンを使って、人に見てもらうための「ものを作り出すおもしろさ」「発信する楽しさ」を体感すれば、もっとパソコンを身近に感じることができるのでは、と思います。
画像
レポートが会社の報告書になる
卒業して社会に出てからもうまくパソコンが活用できるようにしておけると良いのかな。レポート作成が会社の報告書になり、発表のプレゼンシートが企画書になっても、今パソコンで作っている「もの」がベースになっていくんだろうし。 島根大学 総合理工学部2年生 馬場 達也さん
画像
毎日持ち歩いて使う!
社会に出てからも必要なパソコンスキルを身に付けるためには、パソコンを毎日持ち歩いて使い続けることが大切ですよね。これから始まる就活でも大いに活躍するシーンがでてきそうだと思っています。 下関市立大学 経済学部2年生 小平 哲矢さん
画像
以前は、パソコンは大きくて重かったため、持ち運ぶという時代ではなく、社会的にネット環境も整っていなかったので、みんな大学やネットカフェで、企業の人事部からのメールを確認していました。
今は、ネット環境も整い、持ち運べるモバイルPCやUltrabookTMが登場して、いつでもどこでもメールチェックやWebでのエントリーができるようになっていますね。
そういった、情報収集やタイミングを逃さない就活にうまくパソコンを活用していって欲しいと思います。

画像

Q&A

Q1. スマートフォンで大体のことができるから、パソコンなんてわざわざ使わなくてもいいのでは?

A1. スマートフォンでできることと、パソコンでできることは違います。

画像 スマートフォンやタブレットは「使う・確認する」手段 、パソコンは「作る」ための道具です。
スマートフォンはたしかに便利ですが、「ものを作る」「まとまったものを書く」、そういう仕事をするにはパソコンにかないません。
大学では、ものや情報を作り上げ、それを伝える・発信することを求められるようになります。パソコンを使って、しっかりとしたクオリティの高い「もの作り」を身につけられるようにしておきたいですね。

Q2. パソコンを覚えなきゃ、とは思ってるんだけど、パソコンに興味がなくて…

A2. パソコンはこれからの社会生活に必要な道具のひとつです。

画像 まずはパソコンに慣れること。慣れるためには毎日持ち歩いて、いつでもどこでも何にでも使うように意識をすること。
最近のモバイルPC・UltrabookTMといったノート型PCの性能は素晴らしく、薄さと軽さが毎日持ち歩くことを現実的にし、さらに高性能CPUと長時間駆動バッテリーの搭載でストレスの無いパソコン作業を可能にしています。
自宅でも学校でも、移動中やカフェでだって、サッと取り出してパッと起動、サクッと使う……ものを作り出す場所を限定せず、毎日使うことが、パソコンを使いこなすための第一歩になることでしょう。

ご注文はこちらから

他のコンテンツも見てみよう!

しばらくお待ちください。