勉学研究の充実のために

以下は2018年度新入生に向けた情報です。2019年度新入生の方への情報は確定次第、更新いたします。

パソコンをしっかり使えていますか?

Surface活用講座の特徴

【Lesson1】レポート作成スキル

まずは基本となる操作スキルから学びます。レポート作成は特に難しいスキルが必要というわけではありませんが、評価には直結しますので早めに必要なスキルを習得し、操作に慣れておくことをおすすめします。
Surfaceではスケジュール管理もできるので、上手に活用し、計画的にレポート作成しましょう。

講座内容一例
  • ページ設定
  • 段落番号設定
  • 参考、引用文献設定
  • ヘッダー、フッター設定
  • 表作成と図表の挿入
  • タイピングトレーニング

【Lesson2】ノート作成・活用術

Surfaceで講義ノートをとることをおすすめします。ポイントは以下の3つです。
☆「軽さ」 紙の資料がなくなります。全てがSurface1台に集約されます。
☆「美しさ」 文字は、キーボード、図はペン使い分けで自由な表現が可能です。
☆「時短」 欲しい資料が一発検索

講座内容一例
  • Surfaceペンを使いこなそう
  • OneNoteを利用した情報整理技術
  • 講義資料(紙)をデジタルデータ化して整理
画像

受講生の声

理工学部 3年生 灰谷 航平 さん

レポート提出は1年生からあります

画像 大学生活で驚いたのは、レポート提出の多さです。ほぼ毎週何らかのレポート課題が出ます。同時に5つものレポートを抱えてしまうことも(笑)。手書きのレポートもありますが、パソコンを使うと推敲も楽です。この講座で習ったスキルが役立ちました。
友人の知らないスキルを教えてあげると感謝され嬉しくなりますよ。

生物資源産業学部 3年生 松本 真緒 さん

ノート作成は手書きよりもSurfaceで

画像 大学の講義では、一つの事象に対し、様々な角度から説明があります。これをノートにまとめる際にすでに書いた図を動かし、大きさを変えたい場面が発生します。
Surfaceを使うと図の移動や大きさの変更をペンの機能で素早くできます。ある程度慣れが必要ですが、この講座で訓練することでこの課題はクリアできます。うまく使いこなして、美しいノートを完成させましょう!上に私のノートを紹介しますのでご覧ください。

ただいま準備中です

他のコンテンツも見てみよう!

しばらくお待ちください。