ダニーさん
2020/07/27
ダニーさん
生物資源産業学部 生物資源産業学科 2016年度入学(前期日程)
先生に積極的に対策を手伝ってもらいましょう
①受験対策としてあなたが行っていたことは?
高校の方針で、数学のセンター試験形式の問題を、高2から宿題で行っていました。センター試験の中でも、特に数学は時間との勝負なので早いうちから問題を知っておくといいと思います。センター試験前は、過去問やマーク形式の問題集を購入し、分からないところは先生に質問をしていました。

②志望校<徳島大学>を決めてから行ったことは?(決めた時期も)
センター試験の自己採点の後に徳島大学に出願を決めました。新設の学部なので、出題形式は生物資源産業学部ホームページのサンプル問題を参考にしました。総合問題は化学の問題が多かったため、授業で使用していた問題集で対策をしました。暗記だけでは対応できないところは積極的に先生に質問をしていました。小論文や集団面接の対策は、文系の先生や生物の先生にお願いをして、ひたすら練習をしました。

③受験生へのアドバイス(勉強方法などでためになった事や、もっと力を入れておきたかったことは?)
英語や数学のセンター試験の対策は早めから始めておき、時間を意識して解くことは、試験が近くなってから行いました。まず、時間があったら解けるのか、あっても解けないのか、をはっきりさせてから対策を取ると効率がいいです。小論文を含む総合問題や、面接試験はパターン化されたものではなく、答えが1つではないため、自力では対策を取りにくいです。先生に積極的に対策を手伝ってもらいましょう。

もっと力を入れてやっておきたかったことは、英語の勉強です。また、早めから有機化学、無機化学の内容をしっかり覚えておけばよかったと思いました。

④受験前日・当日に起こったエピソードやハプニングは?(持ち物等)
2日目の面接試験が始まるまでの待ち時間が長かったので、待ち時間に、前もって何をするか考えておいたほうがいいと思います。

⑤入学してから徳島大学に来てよかったなぁと思うことは?
1年目からフィールド実習があり、様々な体験ができることです。

⑥合格後から入学まで(~4月)にあなたが行ったことは?
1人暮らしを始める予定ではなかったので、急いで1人暮らしの準備を行いました。

⑦受験生に向けて何かひとことあればどうぞ。
入試方法がパターン化されたものではないので、少々センター試験の結果が悪くても諦めずにがんばってください。小論文や面接の内容次第で逆転の可能性は十分にあります。この学部で学びたいということを面接官に全力で伝えてください!
この先輩が利用した入学準備