一人暮らしのお部屋さがし

知っておきたい住まいのアレコレ

お部屋探しの用語集

物件
契約対象となるマンションなど不動産のことを物件といいます。
申込金
お部屋の「予約金」のことです。だいたい家賃1ヶ月分の現金が必要です。最初の月の家賃に充当されます。
敷金・保証金
退室までの保証としてオーナーに預けておくお金です。最初の契約時に1回支払います。退室時に必要な費用を差し引いて返還されます。「保証金2ヶ月、50%償却」とは、保証金のうち1ヶ月分は礼金のような扱いで返却されないということです。
礼金
オーナーに部屋を貸してもらうお礼として支払うお金です。最初の契約時に1回支払います。返却されません。
仲介手数料
不動産業者に支払う手数料です。家賃1ヶ月分の物件が多いですが、手数料無料の物件や業者固定の物件もあります。
契約年数更新料
2年契約の場合が多いです。多くの場合、更新時に礼金や敷金を再度支払う必要はありませんが、更新料のかかる物件もあります。
共益費
玄関ホールや廊下の電灯などの清掃、エレベーターの保守点検などにかかる費用として、家賃と共に毎月支払います。
連帯保証人
物件の契約にはほとんどの場合「連帯保証人」が必要です。「連帯保証」とは契約者本人が家賃や修繕費などを払わなかった場合、代わりに支払う義務が発生するという意味。学生の場合は収入がないので、通常親権者が連帯保証人になります。
水光熱費通信費
通常家賃や共益費には水光熱費は含まれていません。水道は定額払いの物件もあり、使用量に関係なく1,500円~2,500円の料金がかかります。ガス・電気は個別メーター管理が多いです。ひとり暮らしの場合、水道・電気・ガスの合計で7,000円ぐらいが普通です。インターネット料金は無料の物件とそうでない物件、さらにはインターネットが通っていない物件もありますのでご注意を…

家賃の合計は何円?

家賃が35,000円でも、共益費や水光熱費・通信費を含めるとそれより更にだいたい1万円ほどかかってしまうことが多いです。
また、今のところ敷金・礼金ゼロの物件はあまり多くないのでトータルとしての入居費用も考える必要がありそうです。

※ただいま準備中です。

戻る
しばらくお待ちください。