勉学研究の充実のために

以下は2017年度新入生に向けた情報です。2018年度新入生の方への情報は確定次第、更新いたします。

学びに必要不可欠な教科書

大学での「教科書」の買い方は高校までとは違います!

高校までは…

高校生

授業はクラス単位で、時間割が決まっています。

  • クラスで同じ授業を受ける
  • 教科書は指定のものを体育館などで一斉購入

大学では…

大学生

履修ルールに従って、講義を自分で選びます。

  • 受ける講義は人により異なる
  • 必要な教科書も自分で選んで購入

高校と違い、自分が受けたい講義を、自分で選択できるのは、大学ならではの楽しみ!
講義概要や教科書・参考書の情報は大学のシラバスにあります。講義を決めたら、次は教科書・参考書を購入しましょう!

教科書・参考書購入の手引き

授業を受講するにあたり、教科書はもちろん、講義によっては参考書や辞書が必要になります。
生協では担当教官から指示を受け、新学期に教科書販売を特設会場にて行います。高校までとは違い、大学では履修登録は個人が行い、選択科目も多数ある関係で履修内容も個人によって異なります。(詳しくは入学後のガイダンスでご確認ください。)
従って、教科書も各自が履修講義を決めてから購入することになります。

講義を決める、教科書を確認する

  1. 必ず自分で受講すると決めてから、講義の教科書を購入します。
    • シラバス(講義要項)と時間割表を参考にして履修講義を決めます。
    • 履修登録までの1回目の講義に出て、イントロダクションを受け、決め手にすることも大切です。
  2. 教科書と販売店はシラバスや講義中の先生の指示、学部掲示板への掲示などで確認してください。

生協扱いの教科書購入方法

  1. 生協扱いの教科書は「教科書・参考書一覧(生協発行)」と併せて、テキスト特設販売会場の掲示リスト(追加テキストリスト)を確認します。
    • 「教科書・参考書一覧」発行後も、随時新規の教科書が追加されますので、テキスト特設販売会場の追加テキストリストは必ずチェックしてください。
  2. 教科書販売店へGO!
    • 教科書は早めに、教科書販売店で購入してください。

※販売会場や営業日程は確定次第、ご案内します。

他のコンテンツも見てみよう!

しばらくお待ちください。