勉学研究の充実のために

以下は2018年度新入生に向けた情報です。2019年度新入生の方への情報は確定次第、更新いたします。

学びに必要不可欠な教科書

大学での「教科書」の買い方は高校までとは違います!

画像 画像

松江キャンパス教科書販売について

画像

出雲キャンパス教科書販売について

画像

先輩のコメント

総合理工学部 数理・情報システム学科 新4回生 板倉昂平さん

画像 高校までは学校が授業内容や教科書を用意され、テストで点を取るための学習でした。多くの人がテストの点数で一喜一憂してきたのではないでしょうか。
ですが、大学は高校と違いより自主的な研究を行う場です。高校のような受動的な学習から徐々に自主的な研究への進歩が求められます。では、どうやって勉強するのか。そこで教科書の存在が重要になってきます。専門的になればなるほどより正しい知識が載っているのは教科書です。
私自身も研究報告会などでプレゼンする際や詳しいレポートを作成する際には、必ず3,4 冊以上の教科書や論文を参照しています。専門的になればなるほどより教科書の存在が重要になってきます。
基本的なことも専門的なことも大学で学ぶ上では教科書というものは必須です。生協に加入していれば10% 割引で購入できるので、まずは教科書を揃えて大学生として学べる環境を整えてみてはどうでしょうか。

教科書の購入方法

画像

教科書購入用電子マネー事前チャージは準備中です

教科書の購入例(松江キャンパス)

画像

医学科の授業利用・教科書の特徴

医学科では教科書として『書籍』は指定されますが、ほとんどの授業でスライドを使って授業がおこなわれます。中には授業スライドをプリントにしたものが配られない授業もあります。つまり教科書と言っても実際に授業で使用するわけではなく、授業の内容を自己学習で深めるための資料としての位置づけが「本」になります。授業によってはプリントだけでなんとかなる、先輩からの過去問があるなどいろいろありますが、生協書籍店では教科書指定されている『書籍』をきちんと品揃えして、その授業科目がある期間中はいつでも購入できるようにしています。
医学科の場合、どれか1つの授業科目が取れないだけでも留年となります。基本的に1年次必修、2年次必修科目が決まっていますので、1科目でも単位が取れないとその科目のためだけに進級できず、もう1年その学年をやり直すことになります。
すべての授業科目の教科書を買うことは経済的にも難しいとは思いますが、1年間進級できずに留年するとしたら、教科書代と1年間の生活費及び学費、どちらの方が安くつくでしょうか?
ちょっと「授業がわからないなぁ…」という時、先輩から「この本がおすすめだよ」って言われた時、生協書籍店にお越しください。生協ではみなさんの学びに必要となる「書籍」を揃えてお待ちしています。

教科書情報サイトについて

画像

他のコンテンツも見てみよう!

しばらくお待ちください。