岡山大学生協 公式 大学受験・入学準備の応援サイト
笠井 省吾さん
2020/07/31
笠井 省吾さん
環境理工学部環境デザイン工学科 2018年3月卒業
卒業する先輩からのメッセージ(卒業後の進路:理系公務員就職)
<私にとっての大学生活>
 「努力をすればちゃんと報われる」

<就職先ではどんなことを?>
 中国地方内の道路建設(特に山陰地方)や河川整備などの事業に携わる予定です。

<この進路を選んだ理由>
 3月の業務説明会に参加し、国の大規模な事業に自分も携わってみたいと思ったからです。

<進路先を決めるにあたって重要視したこと> 
 大学で学んだことを生かせることと、せっかく多くのことを学んだのに1つの分野に特化してしまうのはもったいないと思ったので、あらゆる分野のことが生かせるような進路を選びました。

<1・2回生のとき>
一人暮らしを始めただけでなく、アルバイトを始めたり、サークルで冊子の編集長をしたりと、新しいことだらけの一年でした。また、夏休みには学科の友達と車の免許を取りに免許合宿に行きました。2回生になると、専門科目の授業が増えたので、勉強にかける時間が多くなり、友達と一緒に勉強する時間が増えました。

<3・4回生のとき>
3回生は大学の講義だけではなく、夏から公務員講座を受講していましたが、まだそこまで忙しくなかったので、アルバイトをしたり友達と遊びに行ったりすることが多かったです。4回生では公務員試験対策に追われ、面接でかなり苦戦しましたが、くじけることなく頑張った結果、なんとか内定をもらうことができました。その後は卒業論文に取り組んでいます。

<大学生活の中で特に頑張ったこと>
一番頑張ったのは所属していたサークルで開催した、新入生を対象とした交流会です。多くの新入生に入学前の不安を解消してもらい、楽しんでもらえるように頑張りました。また、学部ごとの交流会では司会も頑張りました。

<後悔していること>
これまで行ったことのなかったところにもっと行っておけば良かったかなと思います(国内も海外も)。社会人になると長期的な休暇がとれなくなるので、新入生の皆さんには早いうちに色んなところに行っておいてほしいです。

<新入生へメッセージ>
大学生活は楽しいことばかりです。もちろん遊ぶのも大切ですが、学業もしっかり頑張って、悔いのないような大学生活にしてほしいです。
この先輩が利用した入学準備