一人暮らしのお部屋さがし

知っておきたい住まいのアレコレ

お部屋探しの用語集

物件
契約対象となるマンションなど不動産のことを物件といいます。
申込金
お部屋の「予約金」のことです。だいたい家賃1ヶ月分の現金が必要です。最初の月の家賃に充当されます。
敷金・保証金
退室までの保証としてオーナーに預けておくお金です。最初の契約時に1回支払います。退室時に必要な費用を差し引いて返還されます。「保証金2ヶ月、50%償却」とは、保証金のうち1ヶ月分は礼金のような扱いで返却されないということです。
礼金
オーナーに部屋を貸してもらうお礼として支払うお金です。最初の契約時に1回支払います。返却されません。
仲介手数料
不動産業者に支払う手数料です。家賃1ヶ月分の物件が多いですが、手数料無料の物件や業者固定の物件もあります。
契約年数更新料
2年契約の場合が多いです。多くの場合、更新時に礼金や敷金を再度支払う必要はありませんが、更新料のかかる物件もあります。
共益費
玄関ホールや廊下の電灯などの清掃、エレベーターの保守点検などにかかる費用として、家賃と共に毎月支払います。
連帯保証人
物件の契約にはほとんどの場合「連帯保証人」が必要です。「連帯保証」とは契約者本人が家賃や修繕費などを払わなかった場合、代わりに支払う義務が発生するという意味。学生の場合は収入がないので、通常親権者が連帯保証人になります。
水光熱費通信費
通常家賃や共益費には水光熱費は含まれていません。水道は定額払いの物件もあり、使用量に関係なく1,500円~2,500円の料金がかかります。ガス・電気は個別メーター管理が多いです。ひとり暮らしの場合、水道・電気・ガスの合計で7,000円ぐらいが普通です。インターネット料金は無料の物件とそうでない物件、さらにはインターネットが通っていない物件もありますのでご注意を…

家賃の合計は何円?

家賃が35,000円でも、共益費や水光熱費・通信費を含めるとそれより更にだいたい1万円ほどかかってしまうことが多いです。
また、今のところ敷金・礼金ゼロの物件はあまり多くないのでトータルとしての入居費用も考える必要がありそうです。

部屋探しのポイント

「安くて、静かで南向きで日当たりが良くて、2階以上で、セパレートでフローリング8畳以上で…」と、希望はいろいろあるのですが、全てに満足できる部屋はなかなか見つかりません。家賃や入居時期で折り合いがつかないこともあります。譲れる条件、譲れない条件を分けて、優先順位を決めておくとよいでしょう。
同じ部屋でも見る人によって感じ方が異なります。特にワンルームは壁芯での表示が多く、実際は表示上の畳数より一回り小さくなります。できるだけご自身の目で物件を確かめることをお薦めします。

大学までの距離

高知県立大学は、入学時より、永国寺キャンパス(文化学部)と、池キャンパス(健康栄養学部・看護学部・社会福祉学部)の、それぞれのキャンパスに通学します。
入学当初は高知市内の交通機関に不慣れなため、自転車で通学する学生が多いようです。住む場所によって大学までの距離はマチマチですが、自転車で片道15分~20分の通学時間を目安にすると良いでしょう。
お部屋探しの時には「大学まで自転車で片道○○分」をチェックしてみてください。

建物の構造

「マンション」というと、通常鉄筋コンクリート(RC造)か重量鉄骨造(S造)の建物を指します。もっとも堅固で、断熱性・防音性に優れています。しかし部屋の両壁にコンクリートが入っているわけではないので、多少の音は響きます。
軽量鉄骨(コーポ、ハイツと呼ばれるALC造)は、コンクリートに比べ断熱も防音もやや劣ります。
「アパート」とは通常木造住宅を指します。いずれにしても一人暮らしの建物は多くの場合、集合住宅ですので常識と節度を持って住むことが大切です。

画像
戻る
しばらくお待ちください。