保護者必見!食生活と生協食堂

食生活の重要性と大学生の食事の実態

大学の職員の方も心配しています

健康栄養学部 彼末 富貴先生

画像 楽しく、充実した大学生活を送るためにも、健康な体を維持することは大切なことです。
しかし、大学生になると今までの規則正しい生活リズムは崩れがちになります。時間の管理だけでなく、食事も自分で選び、食べなくてはいけません。
今は、いつでも何でも食べたいものが簡単に手に入る時代になりました。また一方、仕送り・アルバイト収入は年々減少し、その分食費が削られている現状があります。
だからこそ、自分にとって必要な食について、何をどのくらい食べたらよいかを知り、実践することが大切になってきます。
生協食堂では栄養面も食材の安心・安全にも、配慮されています。メニューを選ぶ際、日頃不足しがちな栄養素を補うこともできます。また、食に関する情報も提供しています。その情報を参考に自分の食習慣を見直してみましょう。
今、食をおろそかにしていると、そのつけは10年後20年後にやってきます。将来のためにも、自分の食生活を大切にしましょう。

このままでは心配な大学生の生活スタイルと食事

政岡 直輝さん 文化学部新3年生(実家生▪男性)

画像 画像 1日目は親が忙しかったので朝食はなく、昼食はお腹が空いていたのでボリュームのあるものを選びました。2日目は朝の時間に余裕があったのでしっかり食べ、昼食は野菜も少し意識して食べました。
3日目は朝の時間にあまり余裕がなくしっかりとは食べられず昼食はボリューム重視のものを選んで食べました。全体的に野菜の量が少ないと感じました。

秦泉寺 奈々さん 文化学部 2016年9月卒(寮生▪女性)

画像 画像 寮生活なので、朝晩は寮食がでるので基本的に食事に困りません。また、毎日朝食が出るため、朝食を食べないということはほぼないように思います。
お昼は前日の寮食の残りだったり、購入することが多いです。摂取バランス的にも、管理されたものがばかりなので自炊するよりもバランスが取れていると思いました。

森尾 なつ美さん 文化学部新3年生(一人暮らし▪女性)

画像 画像 まともに食べれてないな、というのが率直な感想です。回生が上がるごとに必修科目の授業が無くなり、午前中に授業を殆ど入れなくなりました。そのため授業が無い日は睡眠を優先して、基本朝は食べません。
大学に入ってから飲み会(2日目)などでの外食が増え、普段の食事の内容もお肉や揚げ物中心。自分でも「身体に悪い生活を送っている」と自覚してはいるんですが、これがなかなか直せません。

画像 とくに下宿生の人は欠食や野菜が少ない食事、はたまた「これが食事!?」という内容もありますね。なぜ、このような食事内容になってしまうのでしょうか?
実は!! 大学生が保護者の方の仕送りから一番最初に削るものは食費なんです!
「食べることは生きること」「食は未来の自分への投資」です。
このような食生活にならないようにするために ミールカード をお勧めします!

ミールカードの利用で昼食が充実します!

ミールカードの利用で昼食が充実します

ミールカードの利用で昼食が充実します

ミールカードの利用で昼食が充実します

他のコンテンツも見てみよう!

しばらくお待ちください。