だるまさん
2020/07/14
だるまさん
教育学部 2018年度(推薦入試I)
推薦のため準備期間が長かったです
推薦1を受けた私は、ほかの人たちよりも4月までの準備の期間が長かったです。最初はそのことに喜びを感じていましたがすぐに自炊や家事、履修のこと、さらには知らない土地で友達ができるか、などたくさんの不安がよぎりました。周りの人たちはまだ受験を控えているので相談できず、どうしたものかと悩んでいました。
サポートセンターに行くと、多くの高知大学生の先輩方が出迎えてくださり少し安心しました。そこでお部屋を決めたり、新生活に必要なベッドやコタツ、家電を見たりするだけでなく、先輩から学部のことや授業のことについてたくさんお聞きし少しずつ不安が解消されました。何より先輩が楽しそうに私に話している姿を見て、わくわくと胸が高鳴りました。住むところが決まったとき、実家を出るという実感が湧き少し寂しく感じましたが、お部屋のレイアウトを考えているうちに楽しみのほうが勝ちました。
大学生活はたくさんの不安がありますが、一人で悩まずいろんな人に相談すると、わくわくに胸を膨らまして新生活迎えることができます。ぜひ楽しい大学生活を!
この先輩が利用した入学準備