ヒョンさん
2020/10/19
ヒョンさん
人文社会科学部 1年生
外国人留学生の受験体験記
 私は高知大学 人文社会科学部 社会科学コース1年生、外国人留学生の高賢精と申します。
高知大学には留学生が少ないので、受験生活をした私も留学生の受験体験記について知る方法がありませんでした。この受験体験記は社会科学コースを希望する人向けですが、他学部の留学生にとっても役に立つと思います。
 まず、入学要項と学部情報について詳しく見ることをお勧めします。人文社会科学部は、人文科学、国際社会、社会科学の3コースに分かれています。2020年基準で、各コースによって学力試験の方式も異なり、求めるEJU受験科目や英語成績の提出の有無も異なります。私は社会科学コースを希望しました。学力試験が面接だったので、面接に時間をたくさんかけた記憶があります。また、面接を準備しながら高知大学ホームページの学部情報を何度も繰り返して読んでみて、適切なテーマで面接を準備しました。その学部の該当するキーワードなどヒントを発見できると思います。
 二つ目に、学力試験日に緊張しないでください。試験を控えて緊張することが当たり前なことは分かっています。また、新しい環境に適応することが難しい部分もあると思います。社会科学コースは約5人ずつ集団面接で行われましたが、1:1方式ではないのでやむを得ず他の受験生の意見を聞くことになります。他の受験生の意見に惑わされずに、声を大きく出して自信を持つと良いと思います。
 三つ目に、質問があれば遠慮なく学校に問い合わせてください。私の例を挙げれば、合格後、外国人留学生に必須の在留資格について調べてみたのに分からないことだらけでした。泣き面に蜂、今年はコロナのために留学生の在留資格申請や発給が中止になる状況でした。私は、高知大学の国際交流室に電話やメールをしながら、在留資格の申請や発給など、本当にいろいろ質問しました。しかし、いつも親切に答えてくれたし、きちんと対応してくれたおかげで私は安全に発給を受けることができました。外国人留学生として、ひとりの力で解決できないことが生じるのは当然のことです。気を悪くするよりは、助けを求めて一緒に解決していくのが望ましいと思います。
 最後に、外国人留学生の方々に、今年の入試はいつにも増して困難で大変なことを知っています。しかし、くじけずにEJU試験、学力試験までもう少し頑張ってください。応援します。
この先輩が利用した入学準備