新入生入学準備ショッピング

香川大学生協 ショッピングガイド

商品約款(規約)について

※購入される方は、以下の約款(規約)を必ずお読みください。

  • ICカード利用規約
    ×

    ICカード利用規約

    プリペイド条項

    第1条(プリペイド利用方法)
    1 ICカード保有者は、ICカード対応POSレジスタ等を用いて現金により入金することで、ICチップに入金額を記録することができるものとします。
    2 ICカード保有者は、記録された金額の範囲内で、生協の指定する店舗(以下「指定店舗」という)及びICカード対応機器で、プリペイドによる買い物とサービスを受けることができます。ただし生協組合員でない場合は、一部サービスを受けることができない場合があります。

    第2条(プリペイド利用の限度額・手数料等)
    1 生協は、入金限度額及び1回あたりの入金単位、プリペイドの1回あたりの利用限度額を定め、これをICカード保有者に通知するものとします。
    2 ICカード保有者のプリペイド利用手数料は無料とします。
    3 入金額に対する利息は、利用の有無、入金期間を問わず無利息とします。

    第3条(プリペイドが利用できない場合)
    ICカード保有者は、次の場合カードの利用ができないことをあらかじめ承諾するものとします。
    ①カードの紛失、汚損、指定店舗の端末機の故障、停電等により、カードを利用することができない場合
    ②指定店舗がカードで利用ができない商品及びサービスを指定している場合

    第4条(プリペイドの忘失・汚損等)
    1 カードの汚損により、プリペイド金額の読み取りができなくなった場合、またはカード記載内容変更により再発行を受ける場合、ICカード保有者はICカード規約第5条にいう再発行の届出を行うものとします。
    2 ICカード保有者がカードを忘失し、または盗難にあった場合は、ICカード規約第4条及び第5条にいう届出を行うものとします。忘失にはTuoICカードの本人の規約違反による回収、機械トラブルを含みます。
    3 前2項の場合において、当該カードにプリペイド未保有残額がある場合、生協は当該未保有残高を確定した後に、再発行されたカードにこれを記録するものとします。当該未保有残高は届出の2日前までのレシートにて確定するものとします。
    4 前3項の規定に関わらず、本条第1項及び第2項に言う事由が、ICカード保有者等の故意又は過失によるものと生協が判断した場合、プリペイド未保有残額の保証はしないものとします。

    第5条(返金の禁止)
    1 プリペイド未保有残額の返金は、ICカード保有者の脱退等の事由によりカードの保有を停止し、大学または生協所定の手続きによってICカードを生協に提示した場合を除き行わないものとします。
    2 前項にいうプリペイド未保有残額の返金は、生協が未保有額を確定した後に、所定の方法により行うものとします。

    ポイント条項

    第6条(ポイント利用方法)
    生協組合員は生協利用時に生協所定のポイント発生率によりカードにポイントを蓄積することができます。蓄積されたポイントは生協所定の基準でポイント券として発券されます。生協組合員はポイント券を金券として指定店舗で利用することができます。

    第7条(ポイントが蓄積できない場合)
    生協組合員は、次の場合カードの利用ができないことをあらかじめ承諾するものとします。
    ①カードの紛失、汚損、指定店舗の端末機の故障、停電等により、カードを利用することができない場合

    第8条(ポイントの忘失・汚損等)
    1 カードの汚損により、ポイント残額の読み取りができなくなった場合、またはカード記載内容変更により再発行を受ける場合、生協組合員はICカード規約第5条にいう再発行の届出を行うものとします。
    2 生協組合員がカードを忘失し、または盗難にあった場合は、ICカード規約第4条及び第5条にいう届出を行うものとします。忘失にはTuo-ICカードの本人の規約違反による回収、機械トラブルを含みます。
    3 前2項の場合において、当該カードにポイント残額がある場合、生協は当該未保有残高を確定した後に、再発行されたカードにこれを記録するものとします。当該未保有残高は届出の2日前までのレシートにて確定するものとします。
    4 前3項の規定に関わらず、本条第1項及び第2項に言う事由が、生協組合員の故意又は過失によるものと生協が判断した場合、ポイント残額の保証はしないものとします。

    ミール機能条項

    第9条(ミール機能の定義)
    ICカードにおいて、生協が指定した期間及び指定した1日当たりの利用限度額の範囲内で、生協が指定する食堂等の店舗(以下「指定店舗」という)及びICカード対応機器で食事等を利用することができる機能をミール機能といいます。

    第10条(ミール機能の利用)
    1 生協組合員は、生協が定める所定の手続き及びミール機能が利用できる期間に対応して生協が定めた金額を事前に支払うことによってミール機能の利用を申し込み、ICカードによるミール機能を利用することができます。
    2.ICカードによるミール機能は申し込んだ生協組合員のみが利用できるものとし、当該機能を第三者へ貸与または譲渡することはできません。

    第11条(ミール機能の利用限度額等)
    1 生協は、ミール機能の利用期間、1日当たりの利用限度額、ミール機能で利用できる食事等の商品の範囲、その他ミール機能の利用にあたって必要な事項を定め、これを公示するとともに必要に応じてミール機能申し込み者へ通知します。
    2 ミール機能の申し込みに係る入金額に対する利息は、利用の有無、入金の期間を問わず、無利息とします。

    第12条(ミール機能が利用できない場合)
    ミール機能の利用を申し込んだ生協組合員は、次の場合にミール機能の利用ができないことをあらかじめ承諾するものとします。
    1 指定店舗が営業していない場合
    2 生協がミール機能で利用できないものとしている商品またはサービスの利用の場合
    3 生協が定めた、ミール機能が利用できる期間または1日当たりの利用限度額を超えた場合
    4 ICカードの紛失、汚損、指定店舗のICカード対応機器の故障、停電等により、ICカードを保有することができない場合

    第13条(返品の禁止)
    ミール機能を利用して購入した食事等の商品の返品については、生協に責任がある場合以外は受け付けないものとします。

    第14条(中途退学等の場合の返金)
    1 ミール機能を利用する生協組合員が、ミール機能の利用期間中において中途退学、休学、留学、傷病での長期入院など(大学休暇中の帰省等を除く)の事由により1カ月を超える期間にわたって大学への通学ができなくなった場合は、当該組合員からの事前または事後1年以内の生協所定の手続きによる申請を受けて生協が承認した場合にのみ、ミール機能未保有期間に対応する金額を返金することとします。ただし、未保有期間については1カ月単位で計算し、1カ月に満たない期間は切り捨てるものとします。
    2 ミール機能の利用を申し込む生協組合員は、前項以外の場合における未保有期間分の返金が一切行なわれないことをあらかじめ承諾するものとします。

    仮カード条項

    第15条(仮カードの発行)
    生協組合員は、ICカードが発行されるまで、生協所定の手続きにより仮カードの発行を受けることができます。仮カードの発行を受ける際はあらかじめ生協所定額を預託していただきます。

    第16条(仮カードの返却)
    仮カード保有者である生協組合員がICカードを入手した場合、速やかに生協に届出て仮カードを返却します。生協は仮カードの返却を受けた場合、預託金を返却します。

    第17条(仮カードの残額移行)
    仮カードを返却した場合、生協に所定の手続きを行い、仮カード上のポイント残高をICカードに移行することができます。

    補 則

    第18条(解釈等)
    この規則に定めのない事項およびこの規則の解釈に疑義が生じた場合は、生協理事会が決定します。

    第19条(規約の変更)
    1 生協は、ICカードの基本原則の変更による効力・機能サービスの充実・合理化、利用者の便宜向上、社会経済状況の変化への対応、その他サービスの円滑な実施のための必要がある場合に、本規約を変更・廃止することができます。
    2 前項の場合、生協は、本規約を変更・廃止する旨、変更後の本規約の内容及び変更・廃止の効力発生日について、変更・廃止の効力発生日までの間に次に定める方法を適宜活用して、利用者への周知を図ります。
    (1)各キャンパスでの掲示
    (2)Webサイトへの掲示
    3 この規約の変更・廃止は、生協の理事会の議決によります。


    この利用規約は2008年11月1日より改定実施する。

    設定・改定年月日
    2019年10月16日 設定 2020年4月1日 改定施行
  • 講座の約款
    ×

    講座の約款

    本約款は、香川大学生活協同組合(以下「当生協」という)が実施する講座に適用される条件を定めたものです。講座を受講しようとするものは(以下「受講者」という)は、本約款を読み、同意のうえで、受講の申し込みをしてください。

    第1条 適用範囲
    当生協が運営する講座は、本規定により取り扱います。本規定に定めなきものについては、当生協の内規等の定めによるものとします。

    第2条 受講契約の成立
    (1)当生協の組合員が受講申込用紙またはWebサイトで申込手続きを完了した時点で契約が成立します。入学予定者は当生協の組合員になることを前提として、申し込みをすることができます。
    (2)受講者が未成年者の場合は、保護者の同意を得たうえで申し込んでください。
    (3)受講料のお支払いに大学生協ローンを利用する場合、受講成立時期は前項と同様ですが、その利用審査により大学生協ローンが有効に成立することが受講契約の成立要件となります。
    (4)申込書記載の不備、誤記、申込書または本規定についての不知・誤解釈があったとしても、これによる不利益については、当生協は責任を負いかねます。

    第3条 役務の提供および関連商品
    (1)当生協は組合員に対して、当生協が発行するパンフレットに記載された講座の中から申込者が選択した申込内容の役務を提供します。
    (2)申込者が選択した講座が当生協の定めた最少催行受講者人数に達しない場合は、実施を取りやめることがあります。
    (3)当生協においてやむを得ない事情があると認めた場合には、申込者の申し出に基づいて、受講時間・受講形態を変更できるものとします。ただし、これにより受講料に不足額が生じた場合には差額をお支払いいただきます。
    (4)講座担当講師・スタッフ、教室、受講時間については、途中変更が生じる場合があります。
    (5)台風、地震、学事などのやむを得ない事情により講座の中止、延期等を行う場合があります。
    (6)講座では当生協が指定した教材および試験・検査等を購入して、お使いいただきます。パソコン総合サポート講座で使用するパソコンは、香川大学推奨パソコンまたは同等の条件を満たしたパソコンを受講者が準備するものとします。

    第4条 クーリングオフ
    (1)契約書面を受け取った日から起算して8日を経過するまでの間は、書面で通知することによって無条件で契約を解除(クーリング・オフ)することができます。本条に基づく契約の解除があった場合、関連商品の販売契約についても解除することができます。契約の解除は、申込者が解除(クーリング・オフ)を通知する書面を発した時に効力を生じます。
    (2)当生協が契約の解除(クーリング・オフ)に関して不実の告知を行ったことにより誤認し解除を行わなかった場合、または、当生協が威迫したことにより困惑し解除を行わなかった場合には、改めて当生協から無条件で解約ができることを記載した書面を受け取った日から起算して8日を経過するまでの間は、申込者は書面で通知することによって無条件で契約を解除(クーリング・オフ)することができます。
    (3)本条に基づく契約の解除(クーリング・オフ)をした場合、手数料は不要とし、申込者は損害賠償または違約金の支払いを請求されることはありません。契約の解除(クーリング・オフ)が講座開始後であっても、申込者は受講料その他の金銭の支払いを請求されることはありません。
    (4)本条に基づく契約解除があった場合、受領している金銭がある場合は当生協より速やかにその金額を返還します。ただし、原則として銀行口座に振り込みます。
    (5)受講者が未成年者の場合は、保護者の同意を確認したうえで、契約解除の手続きを行います。

    第5条 中途解約
    (1)契約書面を受け取った日から起算して8日を経過した後は、申込者は書面提出によって契約の解除(中途解約)を行うことができます。
    (2)講座開始前に契約解除(中途解約)があった場合、受領した金額から違約金15,000円および配布した教材、実施した試験・検査等の価格相当額を差し引いた残額を返還します。
    (3)講座開始後に契約解除(中途解約)があった場合、受領した金額から下記A~Dの合計を差し引いた残額を返還します。
    A.実施済の受講料
    実施済の受講料は、解約等の申し出までに「実施済」に達した講座の受講料に相当する額とします。※「実施済」とは、受講者が受講したか否かにかかわらず、当生協が講座を実施したことをもって「実施済」とします。
    B.配布済の教材代金
    配布済の教材の返品、返金はできません。
    C.実施済の試験・検査等の代金
    実施済の受験料は返金できません。※「実施済」とは、受講者が受験したか否かにかかわらず、当生協が試験・検査を実施したことをもって「実施済」とします。2回実施を基本としているものは1回目の実施をもって、「実施済」とします。
    D.解約手数料
    解約手数料は、受領した金額-(A.実施済の受講料+B.配布済の教材代金+C.実施済の試験・検査等の代金)を基準額として、基準額の20%に相当する額とします。ただし、上限を5万円とします。
    (4)原則として銀行口座に振り込みます。返金に伴い発生する費用は、受取者の負担とします。
    (5)受講者が未成年者の場合は、保護者の同意を確認したうえで、契約解除の手続きを行います。

    第6条 情報保護
    (1)当生協は、本講座に関して収集した情報については、個人情報保護法を遵守し、適切に取り扱います。
    (2)受講者は、本講座に関して知りえた個人情報等を第三者に開示できません。
    (3)講座内で撮影した写真や映像を当生協の広報活動に使用する場合があります。

    第7条 禁止事項
    (1)受講者は、本講座に関して次に掲げる行為をしてはいけません。
    • 第三者または当生協の通信の秘密、財産、プライバシー、肖像権、名誉、信用を侵害する行為
    • 第三者または当生協を誹謗中傷、脅迫または差別する行為
    • 第三者または当生協の著作権・商標権などの知的財産権その他の一切の権利を侵害するまたはそのおそれがある行為
    • 本講座で入手した情報の複製、公衆送信、頒布など(受講者が個人で使用するための複製を除く)
    • 本講座のシステムに、または本講座を通じて他のネットワーク上のシステムに、権限無くしてアクセスする行為および有害なコンピュータプログラムなどを送信する行為
    • 受講生の承諾を得ないで、個人情報を収集・蓄積したり、個人を特定したり、本講座外で接触しようとする行為
    • 本講座に関して生じた権利・義務の譲渡・貸与などの行為
    • 法令、公序良俗、本規約または当生協からの指示に反する行為
    • 本講座の運営に支障を与え、または第三者・当生協の権利・利益を害する一切の行為
    (2)当生協は、受講者が本規定に違反するおそれがあると判断した場合は、その受講者に対し、以下の措置の一部または全部を取ることがあります。
    • 受講者への注意、警告
    • 本講座の出席の停止およびサービスの停止
    • 受講契約の解除 ※解除に伴う返金額は第5条に準じます。
    • 損害賠償請求

    第8条(本規定の変更・廃止)
    1 当生協は、本サービスの充実・合理化、利用者の便宜向上、社会経済状況の変化への対応、その他サービスの円滑な実施のための必要がある場合に、本規定を変更・廃止することができます。
    2 前項の場合、当生協は、本規定を変更・廃止する旨、変更後の本規定の内容及び変更・廃止の効力発生日について、変更・廃止の効力発生日までの間に次に定める方法を適宜活用して、利用者への周知を図ります。
    ①各キャンパスでの店内掲示
    ②Webサイトへの掲示
    3 本規定の変更・廃止は、当生協の理事会の議決によります。

    本約款は、2015年12月24日より施行します。
    設定・改定年月日
    2019年10月16日 設定  2020年4月1日 改定施行
  • パソコンサポートデスク利用約款
    ×

    パソコンサポートデスク利用約款

    香川大学生活協同組合

    第1条  適用範囲
    1 本約款は、香川大学生活協同組合(以下「生協」という)が提供するパソコンサポートデスク(以下「本サポート」という)に関する利用条件を規定したものです。また、本サポートは、第2条第1項に定める対象製品(以下「対象製品」という)の購入において付帯するものとします。なお、本サポートの加入申込手続が完了した対象製品の購入者を、以下「使用者」といいます。
    2 本サポートの適用範囲は日本国内とします。

    第2条  対象製品
    本サポートの対象製品は生協で定めた新入生推奨PCとします。

    第3条  本サポートの内容
    1 セットアップ講習会
    (1)生協は対象製品のお渡し後、すみやかにセットアップ講習会を開催します。やむを得ない事情によりセットアップ講習会に参加できない場合は、次項のPCサポートデスクにて対応します。
    2 PCサポートデスク
    (1)生協は、新入生向けパンフレット「大学生活準備ガイドブック」に定めるサービスメニューを提供します。
    3 本サポート内容からの除外事項
    (1)対象製品に保存、残存されていた全てのデータ、ソフトウェア、設定内容の修復
    (2)対象製品に保存、残存されていた全てのデータ、ソフトウェア、設定内容の管理責任
    (3)対象製品以外の装置に起因する事故の修復。
    (4)対象製品の液晶の画面焼けやピクセル抜け及び輝度低下の修復。
    (5)装置に接続された回線の故障及び装置以外の製品の故障に起因した修復。
    (6)装置で固有に指定した消耗部品(ACアダプター、タイプカバー、タッチペン、パソコンバッグ等)、指定耐用年数超過後の交換部品(組部品・バッテリー等)、オーバーホール(整備・点検)、並びに周辺機器の消耗品(各種メディア類、印刷セット、トナー、印字用紙等)。
    (7)対象製品内蔵のHDDまたはSSDの修復・交換時のプレインストール状態への復旧。
    (8)再販(リユース)・譲渡を目的とした整備・点検。
    (9)その他、操作指導等、本サポートの適用が不可能な損害等。

    第4条  対応方法及び時間
    1 使用者は対象製品に疑問点や障害が発生した場合、対象製品を生協または所定の場所に持込むものとし、生協は相談および修復要請に基づき可及的速やかに対応を行います。
    2 本サポートの受付時間は生協または所定の場所の営業時間内とします。

    第5条  契約の成立
    1 対象製品の購入者は、対象製品の購入と同時に、本約款に同意の上、本サポートの加入申込手続を行います。なお、本サポートにかかる契約は、生協が当該加入申込を承諾し、かつ対象製品購入代金の受領を確認した時点で成立するものとし、サポート開始日については2020年4月1日とします。
    2 前項に定める加入申込手続において記載もれ、または虚偽の記載がなされていた等の瑕疵がある場合、もしくは生協が当該加入申込手続を不当と判断した場合、生協は対象製品の購入申込および本サポートの加入申込を承諾しないことがあります。

    第6条  使用者の遵守事項
    1 使用者は生協が本サポートを提供するにあたり必要と判断したデータおよび情報等を、生協に提供するものとします。
    2 使用者は、生協が依頼する問題解決に必要と判断した予防または修正のための作業をすみやかに実施するものとします。
    3 本サポートにより生協が使用者に提供した情報その他著作物は、その使用者のみ利用することができるものであり、使用者は生協の書面による事前の承諾なくして、その情報その他著作物を第三者に利用させないものとします。
    4 使用者は、氏名等、届出内容に変更があった場合は、すみやかに生協へ届出るものとします。使用者がこの届出を怠った場合、生協は使用者に対して本サポートを提供しないことがあります。
    5 使用者は、対象製品に関する所有権または使用権等を保有することとし対象製品を適法に利用することとします。万が一、適法に利用していないことが判明した場合には、生協はその使用者に対する本サポートの提供を中止することができるものとします。
    6 使用者は、いかなる理由でも、本サポートを利用する権利を第三者に譲渡、貸与、販売しないものとします。

    第7条  機密保持
    1 生協は、本約款の履行により知り得た使用者の個人情報については、生協の個人情報保護方針にのっとり、適正な管理・利用を行います。
    2 使用者は、本約款の履行により知り得た生協の業務上の秘密を、第三者に漏らしてはならないこととします。

    第8条  交換部品の所有権
    保守により交換した不良部品は全て生協の所有に帰属するものとします。

    第9条  本サポートの期間
    1 本サポートの有効期間(以下「本サポート期間」という)は、2020年4月1日から2024年3月31日までとします。ただし、香川大学・香川大学大学院に在学中に限ります。
    2 使用者が次のいずれかに該当する場合は、上記の期間中であってもサービスを終了します。
    (1)生協の組合員でなくなった場合。
    (2)卒業並びに自己都合等による退学(学籍無効)の場合。

    第10条  賠償責任
    1 本サポートの不具合により、使用者が損害を被った場合には、対象製品購入代金を限度として、生協は賠償責任を負うものとします。
    2 生協は、生協の責に帰すことのできない事由から生じた損害、生協の予見の有無を問わず特別の事情から生じた損害、逸失利益および第三者からの損害賠償請求に基づく損害については、責任を負わないものとします。ただし、生協に故意または重大な過失があった場合にはその限りではありません。

    第11条  契約の解除
    使用者が次のいずれかに該当する場合は、生協は契約を解除することができます。
    (1)サポート申込書に、虚偽の事項が記載されていたことが判明した場合。
    (2)本約款に違反した場合。
    (3)本サポートの運営を妨げる行為を行った場合。
    (4)その他、生協が不適切と判断した行為を行った場合。

    第12条  本サポートの中断
    生協が天災地変、労働争議等の不可抗力その他の理由により、本サポートの提供を中断することがあることを、使用者は了承するものとします。

    第13条  本約款の変更・廃止
    1 生協は、必要と認めた場合、本約款を変更・廃止することができます。
    2 前項の場合、生協は本約款を変更・廃止する旨、変更後の本約款の内容及び変更・廃止の効力発生日について、変更・廃止の効力発生日までの間に次に定める方法を適宜活用して、使用者への周知を図ります。
    (1)店舗での掲示
    (2)Webサイトへの掲示
    3 本約款の変更・廃止は、生協の理事会の決議によります。

    第14条  管轄裁判所
    使用者と生協の間で、本約款に関して訴訟が生じた場合、生協の普通裁判籍の所在地を管轄する地方裁判所または簡易裁判所を専属的合意管轄裁判所とします。

    施行
    本約款は2020年4月1日から施行します。

    設定・改定年月日
    2020年1月22日 設定
  • 「QG-Care」サービス規約
    ×

    「QG-Care」サービス規約

    第1章 総則
    第1条(サービスの概要)
    本サービスは、全国大学生活協同組合連合会(以下「大学生協連合会」とします。)が、新入生用パソコンを購入された方に提供するパソコンメンテナンスサービスです。
    第2条(サービスの内容)
    本サービスの内容には、メーカー保証・動産総合保険・電話相談等付随サービスがあります。
    第3条(サービスの対象者)
    サービスの対象者は、サービス証書に記載してあるパソコンの実際の使用者とします。
    第4条(サービスの対象の目的)
    (1)本サービスの対象はパソコン本体とし、サービス証書に記載されるものとします。(以下「サービス対象パソコン」といいます。)
    (2)次の①から⑤のいずれかに該当する機器は対象に含まれません。
    ①CD、USBメモリ等に類する記録媒体等 ②購入後増設した部品 ③購入後取替えたメーカー純正品以外の部分 ④付属品(ACケーブル、アダプター、Surface付属ペン、リカバリCD、アプリケーションCD等) ⑤データ、ソフトウェア(HDDに記録されているものを含みます。)
    第5条(サービス期間)
    サービス期間は、サービス証書記載のサービス期間の応当日とします。
    第6条(禁止事項)
    (1)サービスの利用者は、本規定に定める地位もしくは権利を第三者に譲渡、質入れ又は担保提供の行為を行うことはできません。
    (2)サービス対象パソコンが第三者に譲渡された場合は、サービスの利用者が大学生協連合会にその旨を報告し、譲受人がサービス対象資格を充足しかつ大学生協連合会が承認した場合に限り、譲受人が引続き本サービスを利用することができるものとします。
    第7条(サービス対象パソコンの入替)
    (1)サービス対象のパソコンが初期不良に伴いメーカーより新機種に入替された場合、10日以内に入替された旨の報告をするものとします。この場合、大学生協連合会は、「サービス対象パソコン」に記載されたパソコンに代えて、入替後のパソコンをサービスの対象とします。
    (2)(1)に定めた事由以外の事由でサービス対象パソコンを入替することはできません。
    (3)(1)の入替の通知が遅滞・脱漏した場合原則として本規約に定めたサービスを受けることができません。
    第8条(準拠)
    (1)本サービスの終了又は中途解約に際しては、サービス料金等の返還は一切行いません。
    (2)本サービス規約に定めのない事態が生じた場合、大学生協連合会は信義に反せず誠実なお取扱を決定いたします。
    (3)本サービス規約に定めのない事項については日本国の法令の定めるところに従います。本サービスを受ける場合には、次のことにご注意下さい。
    ①修理の内容によっては、ハードディスクに保存されているデータが消えてしまう場合があります。データが消失もしくは損失してしまった場合でも責任を負いかねますので、修理に出す前にバックアップをとることをおすすめします。
    ②パソコン購入時に同梱されているOS等のリカバリCDなどは、修理の際に一緒にお出し下さい。

    第2章 メーカー保証
    メーカー保証サービスに関しましては、パソコン引き渡し時に同梱されている保証書をご覧ください。

    第3章 動産総合保険関連
    第1条(概要)
    全国大学生活協同組合連合会が契約者として、会員生協が販売する対象PCを購入されたすべてのお客さまを被保険者として、動産総合保険契約を締結しています。保険契約の内容は別表の通りです。
    第2条(年間補償限度額)
    (1)大学生協連合会は、サービス期間中に保険金の支払対象となる事故により損害が発生した場合には、別表に定める年間補償限度額の範囲内の金額と補償対象のパソコンの購入金額のいずれか低い金額までの修理費用を補償いたします。
    (2)ただし、破損、水ぬれによる損害が発生した場合には、5,000円の自己負担額をお支払いただく事を条件に、別表に定める年間補償限度額の範囲内の金額と補償対象のパソコンの購入金額のいずれか低い金額までの修理費用を補償いたします。
    第3条(パソコン再購入サポート)
    (1)保険金の支払対象となる事故による損害が発生し、対象パソコンの修理が不可能な場合、あるいは滅失した場合は、別表に定める範囲内の金額と補償対象のパソコンの購入金額のいずれか低い金額を補償額として、大学生協連合会が指定する店舗で使用できる同等スペックのパソコンを再購入するための「パソコン再購入補助」を行うことをもって補償することとします。(※スペシャル、スペシャルEX、セーフティ、セーフティプラスの場合は、盗難も再購入補助サポートの対象となります。プランの詳細は第3章/別表の「保険金が支払われる主な場合」をご確認ください。)ただし、破損、水ぬれの損害による再購入サポートにつきましては、5,000円の自己負担額をお支払い頂くことが条件となります。
    (2)(1)のパソコン再購入補助による補償を受けた場合、サービス期間中であっても本サービスは終了いたします。
    第4条(請求方法)
    (1)万一対象パソコンに事故が発生した場合は、サービスの利用者は次の①もしくは②宛てに速やかに事故報告するものとします。
    ①対象パソコンを購入した大学生協連合会
    ②グローバルソリューションサービス株式会社(連絡先は下記を参照下さい。)
    (2)(1)の事故報告が不当に遅延した場合でかつ事故の確認がとれない場合は、本規約「第3章動産総合保険」に基づく補償を受けることはできません。
    (3)補償の請求においては、サービスの利用者は(1)①もしくは②が指定する書類を提出するものとします。
    (4)火災・爆発等の損害により対象となるパソコンの現物が確認できない場合、罹災証明書等の提出をもって、また盗難による場合は所轄警察署への盗難届の提出(受理)をもって現物の確認とします。
    第5条(保険金の代理受領)
    (1)前条(1)①に事故報告した場合は、本規約「第3章動産総合保険」より支払われる保険金は、大学生協連合会が受け取るものとします。
    (2)(1)の保険金の請求においては、サービスの利用者は大学生協連合会に保険金請求の権利を委譲する事とします。
    (別表)
    ①保険金が支払われる主な場合
    ご加入プラン別において生じた以下の損害に対して保険金をお支払いします。
    ・スタンダードプラス、スタンダードプラスEX:破損、水濡れ、電気的、機械的事故
    ・スペシャル、スペシャルEX:火災、爆発、破裂、風災、水災、盗難、破損、水濡れ、電気的、機械的事故
    ・セーフティⅡ:火災、爆発、破裂、風災、水災、破損、水濡れ
    ・セーフティ:火災、爆発、破裂、風災、水災、盗難、破損、水濡れ
    ・セーフティⅡプラス(日本国外含む):火災、爆発、破裂、風災、水災、破損、水濡れ
    ・セーフティプラス(日本国外含む):火災、爆発、破裂、風災、水災、盗難、破損、水濡れ
    ②保険金が支払われない主な場合
    (1)次の①から⑯に該当する場合は補償の対象とはなりません。
    ①紛失、置き忘れ、放置に起因する損害②現物の確認できない損害③地震④パソコンの所有者の故意による損害⑤虫食い、ねずみ食い、性質および環境によるサビ、カビ、変質および変色⑥誤用、乱用、使用上の誤りにより生じた損害⑦戦争、内乱、暴動、テロによる損害⑧核燃料物質の放射性・爆発性による損害⑨詐欺、横領による損害⑩補償開始時にすでに発生していた故障、破損、水ぬれ損害⑪ソフトウェアのインストールによる損害⑫パソコンの機能および使用に影響のない損害(筐体の凹みや傷、液晶のピクセル抜け等)⑬データ・ソフトウェアの消失及び損失⑭保険の対象の欠陥等(第2章メーカー保証で対象となる損害)⑮バッテリーの経年劣化⑯海外からの送料(往復)等
    (2)(1)以外に第1章総則第3条(サービスの対象者)に規定の使用者に次の事由がある場合には、補償の対象とはなりません。①反社会的勢力(注)に該当すると認められること。②反社会的勢力(注)に対して資金等を提供し、または便宜を供与する等の関与をしていると認められること。③反社会的勢力(注)を不当に利用していると認められること。④法人である場合において、反社会的勢力(注)がその法人の経営を支配し、またはその法人の経営に実質的に関与していると認められること。⑤その他反社会的勢力(注)と社会的に非難されるべき関係を有していると認められること。(注)暴力団、暴力団員(暴力団員でなくなった日から5年を経過しない者を含みます。)、暴力団員準構成員、暴力団関係企業その他の反社会的勢力をいいます。
    (3)販売店舗までの輸送費については、いかなる場合も補償の対象とはなりません。
    ③保険責任期間④年間支払限度額
    事故日(※1)が、保険責任期間が開始してから1年後の応当日の午前0時まで20万円(※2)
    15万円
    事故日(※1)が、保険責任期間が開始してから1年後の応当日の午前0時から2年後の応当日の午前0時まで15万円(※2)
    12万円
    事故日(※1)が、保険責任期間が開始してから2年後の応当日の午前0時から3年後の応当日の午前0時まで10万円
    事故日(※1)が、保険責任期間が開始してから3年後の応当日の午前0時から4年後の応当日の午前0時まで6万円
    事故日(※1)が、保険責任期間が開始してから4年後の応当日の午前0時から5年後の応当日の午前0時まで6万円
    事故日(※1)が、保険責任期間が開始してから5年後の応当日の午前0時から6年後の応当日の午前0時まで6万円

    (※1)事故日とは、普通約款第1条(保険金を支払う場合)およびこの特約により保険金を支払う損害が生じた日をいいます。ただし、いかなる場合も上記、年間支払限度額もしくは販売価格のいずれか低い額を限度とします。
    (※2):保証プランがスタンダードプラスEX、スペシャルEX場合のみ。

    第4章 個人情報に関する規定
    第1条(個人情報利用目的)
    本サービスの対象となるパソコンの購入にあたり大学生協連合会へ提出された申込書、その他の書面に記載された個人情報は、大学生協連合会が本サービスの履行(サービスの提供、保険金の請求、およびこれらに付随する事務や調査等)を行う目的にのみ利用します。
    第2条(個人情報の管理)
    大学生協連合会の収集した個人情報を正確かつ最新のものにするために、適切な措置を講じます。また、個人情報への不正なアクセス、個人情報の紛失、破壊、改ざん、および漏洩等が行われることを防止するため、必須と考えられる安全対策を講じます。
    第3条(個人情報の外部への提供)
    大学生協連合会では、以下の場合を除いて、大学生協連合会の収集した氏名、住所、年齢、性別、生年月日、事故情報その他の個人情報を外部に提供する事はありません。
    (1)本人(個人情報を大学生協連合会に提出された方とします。以下同様とします。)の同意があった場合
    (2)法令に基づく場合
    (3)第1条の利用目的の達成に必要な範囲内において、大学生協連合会の業務委託先に提供する場合
    (4)保険金の請求に必要な範囲内において、保険会社に提供する場合
    (5)不正な補償請求を防止する為に必要な範囲内において保険会社に提供する場合
    (6)その他不正な理由がある場合
    第4条(個人情報の開示・訂正等)
    (1)本人は、大学生協連合会に対して、大学生協連合会が保有しているご自身の個人情報を開示するように求めることができます。
    (2)(1)の開示の結果、当該情報に誤り等がある場合は、本人は大学生協連合会に対して当該個人情報の訂正、追加または削除を請求することができます。
    (3)(2)の開示、訂正、追加または削除を要求される場合は、下記の個人情報に関する相談窓口まで文書またはお電話でご連絡下さい。

    [個人情報に関する相談窓口]
    電話番号 03-5740-0961(平日9:00~17:00)FAX 03-5740-0203

    連絡先【事故受付デスク】
    グローバルソリューションサービス株式会社 「損害保険代理店」担当
    Tel 03-5740-0194 / Fax 03-5740-0582 / E-mail:UV@gssltd.co.jp
    大学生協連合会はグローバルソリューションサービス株式会社に本サービスに関する委託をしています。
    大学生協連合会は、本サービスのうち動産総合保険に関しては、大学生協連合会が保険料を負担してアリアンツ火災海上保険株式会社/三井住友海上火災保険株式会社と動産総合保険契約を締結しています。
  • 「MICROSOFT COMPLETE FOR BUSINESS FOR SURFACE」サービス規約
    ×

    「MICROSOFT COMPLETE FOR BUSINESS FOR SURFACE」サービス規約

    契約条件

    お客様の契約書をオンラインでご登録下さい。
    お客様に当商品を最大限にご活用いただくため、https://www.microsoft.com/surface/business/extended-service-warranty で、ご購入から 10 日以内にお客様のサービス契約をご登録下さい。 これを怠りますと、請求がござましても重大なサービス遅延を招くことがあります。
    「Microsoft Complete for Business」製品を最近お買い上げ頂き、有難うございます。 これらは、請求項の際に必要となりますので、安全な場所にこの重要な契約条件の文書(「サービス契約」、「契約」)と購入証明書を保管してください。 本契約に含まれる情報は請求の際に何が対象になるかを確定および理解するために、重要な案内書となります。 本契約、または補てん一般に関して何かご質問がございましたら、管理者 03-4332-5300 までお問い合わせ下さい。

    定義

    本契約全体にわたり、以下の太文字の意味は次に定めるとおりです。

     

    • 「弊社」、「プロバイダ」、「債務者」、「管理者」: サービス契約プロバイダとして本契約に基づくサービスを提供およびサービス契約管理者として本契約に基づく事務を処理する、契約当事者 〒108-0075 東京都品川区江南 2-16-3 品川グランドセントラルタワーに所在する日本Microsoft 株式弊社をいいます。
    • 「小売業者」: 弊社によりお客様に本契約の販売を認定された販売者をいいます。
    • 「お客様」: 本契約で補てん対象となる製品の購入者または所有者をいいます。
    • 「製品」: お客様が元々購入した商品、もしくは弊社の裁量で弊社により提供された交換商品で本契約に基づき補てん対象となるべきものをいいます。
    • 「購入時価格」: 補てん対象とされた製品にお客様が支払った金額をいいます。ただし、お客様の購入証明書に示された税金や手数料を省きます。
    • 「購入証明書」: 本サービス契約と製品が購入された日付や有効期間及び具体的な補てん対象プラン・オプションを確認できる店舗販売時に提供された購入領収書の原本をいいます。
    • 「期間」: 本契約の諸規定の有効期間をいいます。
    • 「請求」: お客様による本契約に従う支払要求をいいます。
    • 「故障」: 製品の機械的および/または電気的故障により、もはやその意図された機能を実行できなくなることです。;これは材料や製造上の欠陥に起因するもので、通常の磨耗/破損ではなく、製品の通常の使用中に発生するものをいいます。
    • 「電力サージ」: サージ防護機器に適切に接続されておりお客様の製品への過電圧により生ずる製品への損害をいい、不適切な設備や製品の電源への不適切な接続により製品に生じる損害は含まれません。
    • 「免責額」: (ある場合)本契約に基づき補てん対象とされるサービスについて、お客様が請求ごとにお支払いを要求される金額をいいます。
    • 「偶発損害」: 補てん対象製品を落としたり、液体をこぼしたり又は画面破損に関連して生じる損害などの取り扱い上の事故による損害をいいます。 偶発損害補てんを別に購入する必要があります。
    • 「修理」: 補てん対象とされた故障のあと、弊社がお客様の製品を修復、改善、回復して健全に機能する状態にするためにとる措置をいいます。製品の修理のために使われる部品は、新品、中古品、改造品又は元の製品の工場仕様どおりに機能する元のメーカー部品でないこともあります。
    • 「交換」又は「交換品」: 弊社の手続きに従ってお客様からお預かりした欠陥製品のうち修理に適さないと弊社が判断したものをいいます。弊社は、修理のためにあらゆる適切な努力を行いますが、弊社の独自裁量においてお客様の欠陥製品を同等もしくは類似の特徴及び機能性をもつ新品、再生品、または改善品と交換する権利を留保します。弊社としましては交換品が元の製品と同じ型、サイズ、寸法、色である保証は致しかねます。


    サービス契約期間 – 補てんの発効日

    1. 電力サージによる補てん対象の製品の故障の補てんや、該当する場合は、偶発損害に起因するお客様製品の損害の補てんは製品購入時点に開始し、お客様の購入証明書に示された期間存続します。
    2. 故障に対する補てんはメーカーの元の部品及び作業賃の保証期間満了後に開始し、お客様の購入証明書に示された残余期間存続します。

    製品適格性

    本契約に基づく(下記の)補てん商品は、 (a) 認定小売業者から購入され、かつ (b) 本契約書に摘記されたものと同じ給付を定めた他の保険、保証、金銭的保証とサービス契約の両方またはいずれかの補てんの対象とされていないものに限ります。

    補てん対象 – 一般

    期間内に損害賠償または AD の保険求償が発生した場合、本契約は、(i)製品の修理に必要な工費および/または部品、または(ii)弊社独自の裁量によるそのような修理に代えて行う製品の交換をいいます。詳細についてはお客様の契約に適用される「補償計画オプション」セクションを参照してください。

    本契約に基づく補償に関する重要な注意事項

    A.弊社がお客様に代替品を提供した場合:

    • 弊社は欠陥製品を、同等もしくは類似の特徴及び機能性をもつ新品、再生品、または改善品と交換する権利を留保します。元の製品と同じ同じ型、サイズ、寸法、、色ではない可能性があります。
    • 技術的進歩により以前の製品より小売価格または市場価格が低い代替品をもたらす可能性がありますが、そのような状況では本契約はかかる価格差をお客様へ払い戻す事は致しかねます。
    • この契約の条項に基づいて交換されたすべての製品部品、コンポーネント、ユニット全体はそのすべてにおいて弊社の財産となります。

    B. 本契約に記載されている保証は、製造者の有効な保証期間中において、二重になるような差し替えや提供は一切致しまん。この期間中、製造者の保証の対象となるものはすべて製造者の責任であり、製造者の義務を履行する能力の有無に関わらず本契約の対象とはなりません。
    C.本契約に基づく保証は本書で特に明記されているものに限定し、お客様の契約に適用されます。ここに具体的に記載されていないものは対象外となります(Microsoft または Microsoft の指定業者によって別途提供されるトレーニングサービスを含みますが、これに限定されません)。
    D.お客様の責任:特に本契約の対象となるサービスの開始前に、定期的にいかなる/すべてのソフトウェアおよび/またはデータをバックアップするのはお客様の責任となります。ソフトウェアおよび/またはデータ転送サービス、或いは修復サービスは対象外です。

    補てんプラン・オプション
    (購入証明書に記載され、お客様に該当する場合)

    補てん内容の概要は、www.microsoft.com/surface/business/extended-service-warranty に記してあります。
    この契約書は、購入時に上記の「補てん対象 - 一般」のセクションに、AD も含んで記載されている内容を有しており、以下の条項の対象となります。
    補てん必須項目:本契約に基づき、Surface タブレット、ラップトップ、Studio デスクトップそして/またはブック型コンピューター、コード付き付属電源ユニットは、Microsoft が最初に一式パッケージで購入した場合に保証されます。

    • 注意 - Studio のデスクトップコンピューターでは、最初に一式パッケージで購入された際には Microsoft から提供されたマウスとキーボードのみが含まれています。
    • 注意 - 明示的除外項目:デジタルペン、キーボード、マウス、およびアド・オンアイテムは、本契約の下では(単一の一式パッケージでMicrosoft が元々提供したものであっても)カバーされません。


    自己負担
    お客様の契約の下では、お客様の自己負担は必要ありません。

    有限責任
    お客様の契約期間において、弊社に支払義務のある累積最大金額はお客様の購入証明書に記載されているお客様の製品の購入時価格(以下「累積限度額」)に等しい金額です。この累積限度額に累積される修理及び交換限度は、次のように分類されます。
    Studio を除くすべての Surface シリーズ対象製品:

    • 交換:弊社の独自裁量による補てん求償で提供される 2 回までの交換。この制限に達した時点で補てん義務は終了します。契約期限までまだ残存期間があっても関係ありません。
      注意-この制限に達した時点で弊社の義務は完全に履行されたものとみなされ、補てん義務は終了します。契約期限までまだ残存期間があっても関係ありません。

    Surface 'Studio’シリーズ対象製品のみ:

    • 修理上限:故障または電力サージ求償(弊社が認定したもの)に対する弊社による修理の総額が製品購入価格に等しくなるまでという制限になります。この制限に達した時点で補てん義務は終了します。契約期限までまだ残りがあっても関係ありません。
      注意-この制限に達した時点で弊社の義務は完全に履行されたものとみなされ、補てん義務は終了します。契約期限までまだ残存期間があっても関係ありません。
    • 交換上限:弊社の独自裁量による補てん求償で提供される 2 回までの交換。この制限に達した時点で補てん義務は終了します。契約期限までまだ残りがあっても関係ありません。
      注意-この制限に達した時点で弊社の義務は完全に履行されたものとみなされ、補てん義務は終了します。契約期限までまだ残存期間があっても関係ありません。

    お客様の製品交換が弊社により選択された場合、弊社は先渡し交換サービスを提供する可能性があります。弊社が先渡し交換サービスを提供する場合、欠お客様の陥品の弊社受領より前に交換品がお客様に納品されることがあります。交換用品の受領確認日から十日(10 日)以内にお客様は欠陥製品を弊社に発送する必要があります。もしお客様により交換品の受領確認日から十日(10 日)以内に欠陥品が弊社まで返却されなかった場合は、代替品の製造元推奨小売価格に相当する料金が未返品の欠陥製品代としてお客様に請求されます。

    本契約に含まれる追加給付

    契約期間中、お客様の製品が同じ問題でお客様の本契約に基づき修理 3 回の補てんを受け、同じ問題で 4 回目の修理が必要になりお客様の本契約に基づき補てんの対象になるとみなされた場合(以下、「品質サービス修理」)、弊社はお客様の製品を同種同質のものと交換させて頂きますが、必ずしも同じブランドではなかったり、弊社の独自の裁量で、製品年齢をベースにかつ「賠償責任限度」条項に従って弊社が決定した製品の適正市価と同等の還付を提供させて頂く場合もあります。 お客様の製品がメーカーの保証期間中に又は取り扱い上の偶発損害に関連して(購入され、該当する場合)実施された修理サービスは、本給付に基づく品質サービス修理とはみなされません。

    製品送達場所

    補てん対象の請求全てにおいて、同契約上、欠陥製品の製品送達場所への発送、およびご登録されたご住所への修理品、交換品の前払い発送を提供しています。

    賠償責任限度

    「お客様のプラン」に該当する場合の「補てんプラン・オプション」条項で述べたことに加え、弊社又は小売業者のいずれも付随損害又は結果損害に対する賠償責任を負うものではりません。これらの損害には、製品や設備の故障、サービスの遅延、サービス提供の不能から生じたり、又は修理部分品または構成部品の入手不能から生じたりする財産損害、逸失時間又はデータ喪失を含みますが、これに限るものではありません。 弊社又は小売業者のいずれも、製品の内在的欠陥を含め、お客様が知るところの(下記の定義参照)すべての既往欠陥について責任を負うものではありません。

    補てん対象外 – 適用除外

    本契約は以下に関連し又は以下から生じるいかなる請求も補てんの対象とはなりません。
    (a) お客様に発生し又は知るところの既往欠陥(「既往欠陥」とは、本契約を購入する前に既に存在していた本製品に関する損傷や欠陥を指す)。
    (b) お客様もしくはお客様の代表者による不適切な梱包及び運送により輸送中に損害を発生させるもので、輸送中の固定が不適切なものを含む。
    (c) 弊社認定の保守技術員以外の者によりなされた修正、調節、変更もしくは修理。
    (d) 冷凍又は過熱による損害。
    (e) 通常の損耗。
    (f) 損害及び障害をもたらす有害で、損傷を及ぼす、悪意のある、無思慮な又は攻撃的な方法による故意の取扱い。
    (g) ウィルス、破壊行為、紛失、窃盗又は悪意のイタズラもしくは消失。
    (h) 製品の錆、腐食、反り、曲がり。
    (i) 動物(ペットを含む)、動物の生息又は昆虫の寄生。
    (j) 偶発事件。これには、暴動、核放射線、戦争及び敵対行動もしくは放射能汚染、環境条件、気象条件もしくは自然の危険への露出、崩壊、爆発ないし他の物体による衝突もしくは他の物体との衝突、火災、あらゆる種類の降下もしくは湿気、稲妻、埃、砂、煙、核放射線、放射汚染、暴動、戦争、敵対行動、政府による行為、またはインターネットやその他の通信システム不備などによる場合が含まれるが、これに限らない。
    (k) 取り扱いによる偶発損害(偶発損害)。ただし、お客様の購入証明書に示されたものを除く。
    (l) メーカーの仕様もしくは説明以外の条件でメーカー推奨の製品メンテナンス、操作や保存の実施の欠如。
    (m) 電力の不適切な使用及び電力変動。
    (n) メーカーの回収、保証又は設計もしくは構成部品の欠陥、不適切な構造、メーカーミスを修理するための補修の対象となる商品―メーカーの当該修理代金の支払能力の如何を問わない。
    (o) シリアル番号を削除又は変更された商品。
    (p) 以下の項目を含み、またこれに限定されない結果的損害:
    (i)定義された故障、またはADイベント、すべての定義されていない機械的/電気的な障害、Microsoft またはその関連会社によって別途提供されるトレーニングサービス、或いはその他の種類の損害や、本製品と関連使用される補てん対象外機器を含み、またこれに限定されない本製品との関連事象による財産損害、時間的損失、データ消失または収入損失;(ii)サービス提供の遅延、または何らかの理由によるサービス提供の不可;(iii)部品/構成機器の入手不可;(iv)お客様の都合により発生した、第三者作成のスタンド、装着、特注の装着用くぼみなどの特別インストール費用;或いは(v)以前の製品と異なるモデル、サイズ、寸法または色となってしまう交換。弊社は、本契約の規定に基づいて提供された製品または交換品の操作、保守または使用に起因する財産または傷害または死亡に対する一切の責任を負わない。
    (q) 非故障問題。これには不備、騒音、軋みもしくは外観損傷(「外観損傷」とは、キズ、摩耗もしくは色、質感、仕上がりの変化など、製品の通常の作動機能を損なわない製品の物理的外観に対する損害もしくは変化を指す)を含むが、これに限らない。
    (r) 通常の定期的、予防的メンテナンス、ユーザー教育、設定調節。
    (s) 保証、他のサービス契約又は保険の補てん対象とされる製品サービス。
    (t) 付属品及び周辺機器(取り外し可能なキーボードなど)又は製品の基本機能に不可欠な付属品で、メーカーによるパッケージや製品の元の販売で提供されず含まれてもいないもの。
    (u) 画面またはモニターの不備。ビデオゲーム、一つまたは複数のビデオ信号の長時間表示や画面割れで引き起こされる CRT、LCD、LEDもしくはプラズマ画面内の残像などが含まれるが、これのみに限られない。(偶発損害がお客様の購入証明書に記載されていれば別途補てんされる場合を除く)。
    (v) 製品の元のメーカー保証で補てんされない構成部品又は非稼働または非電力駆動部品の損失費用。これには付属ケーブル、バッテリー(本契約で別段の規定のあるものを除く)、プラスチック部品、コネクター、コード、ヒューズ、キーパッド、プラスチック製の本体もしくは型打ち、スイッチ、配線又は米国の経済貿易制裁に違反する補てんが含まれるが、これのみに限られない。
    (w) 製品の操作、メンテナンスもしくは使用から生じる、財産、人の傷害もしくは死亡に対する賠償責任もしくは損害。
    (x) 日本国外で実施されるサービス。

    お客様の責任で定期的かつ修理開始前にすべてのソフトウェアとデータをバックアップしなければなりません。 本契約ではソフトウェアやデータの登録又は補てん対象製品から、またはお客様の補てん対象製品へのデータ取り込み又は当該製品からのデータ読み取りは補てん対象となっていません。また弊社はお客様に提供される交換装置にそれらを移転することはできません。 いかなる場合も、弊社はソフトェアやデータの復旧又は一切の製品からのデータ読み取りに責任を負いません。
    お客様の製品が本契約に基づく補てんから適用除外となる場合や弊社の認定保守業者から「異常なし」の診断結果となった場合、お客様は、一切の配送及び/又はオンサイト・サービスの費用など、当該サービスに関連するすべての費用について責任を負って頂きます。

    請求提出方法

    重要: 請求提出により、自動的にお客様の製品の損害や故障が本サービス契約に基づき補てんされるわけではありません。 請求に関しては、お客様は製品に関する問題の初期診断結果についてまず弊社にお問い合わせ頂く必要があります。 本契約はお客様が無断で修理された場合、いかなる補てんも行いません。購入証明書をご用意頂き、弊 社03-4332-5300までご連絡いただいただくか、あるいはhttps://www.microsoft.com/surface/business/extended-service-warranty をご覧頂ければ、最大限にお手伝いをさせていただきます。 弊社の授権代表が製品について、お客様が抱えている問題を迅速に把握し、まず電話かネット経由で状況解決を試みさせていただきます。 弊社が電話かネットで問題解決できなかった場合、お客様に請求サービス要請番号とお客様の製品向けサービスの入手方法に関する追加指示書を提供いたします。
    こちらから連絡があるまでお客様の製品を小売業者に搬送もしくは返品したり、他社配送したりしないで下さい。 欠陥製品の返品が必要な場合、本契約は弊社認可の保守業者へ及び同業者からの両方の前払いの発送を提供します。前払い発送には下記のもの全てが含まれている必要があります。
    (1) 欠陥製品
    (2) お客様の購入証明書の写し 1 通
    (3) 当該製品についてお客様が抱えている問題の簡単な書面による説明および、 (4) 管理者によって提供されたあなたの主張サービス要求番号の著名な表記法。
    補てんは、弊社認定の保守業者、小売業者もしくは配送拠点が実施する適格なサービスに対してのみ提供されます。承認された請求の期間中にお客様の契約期間が満了する場合、本契約基づく補てんは、進行中の承認された請求が本契約の条件に従って完全履行されるまで延長されます。

    更新

    お客様の契約期間満了後、弊社はお客様に補てん更新のオプションを提供することがあります。 弊社がお客様の補てん更新を提供する場合、更新価格はお客様の製品年齢及び更新時点における一般的な製品交換費用が反映されます。

    譲渡可能性

    本契約に基づく補てんは、他の人または製品に譲渡することはできません。

    取消

    お客様は本契約をいつでも取り消すことができますので、管理者 03-4332-5300 まで(又は書面で)取消要請をお知らせ下さい。 注意: 以下の取消規定は元の契約購入者にのみ適用されます。

    • お客様の取消要請が契約購入日から 30 日以内の場合、お客様はお客様が支払った契約購入価格の全額払戻しから弊社が支払った請求金額を差しい引いた分を受け取ることができます。お客様の払戻金が弊社への取消要請後 30 日以内に支払われないか振り込まれない場合、お客様が受け取る払戻金に弊社による払戻金支払のなかった 30 日ごとに 10%が加算されます。
    • お客様の取消要請が契約購入日から 30 日後になされた場合、お客様はお客様が支払った契約購入価格を按分計算した払戻金から弊社が支払った請求金額並びに契約購入価格を差し引いた分を受け取ることができます。
    • 弊社は次の理由による場合に本契約を取り消すことができます: (A) お客様による契約購入価格または手数料の未払い、 (B) お客様による重大な不実表示、又は (C) 補てん対象製品もしくはその使用に関連したお客様による本契約の重大な義務違反。
      -弊社が本契約を取り消す場合、取消発効日の少なくとも 15 日前にお客様へ書面により通知します。 当該通知書は、当該取消理由と取消日を添えて弊社に保管されているお客様のご連絡先(該当する場合は、e メール又は所在地住所)に送付されます。弊社が本契約を取り消す場合、お客様は上述した同一の基準に基づき按分計算した払戻金を受け取ることになり、取消手数料は一切適用されません。


    苦情手続

    お客様への最高のサービス提供を目標としています。 サービスにご不満がある場合、購入証明書に記載された弊社の代表者にお知らせ下さい。
    お客様の苦情を受理して 5 営業日以内にご返答いたします。 (詳細な調査を必要とするなどの理由で)この期間内にお客様に満足のいただける対応が提供できない場合は、お客様の苦情処理の進捗状況や完全対応の予定時期及び対応者を暫定的にお知らせいたします。 殆どの場合、お客様の苦情は 4週間以内に解決できる目安となっています。

    プライバシー及びデータの保護

    お客様は、ご契約されますと、本契約に基づき弊社に開示される一切の情報もしくはデータが秘密扱いではないことに同意することとなります。 また、お客様は、弊社が本契約に基づいて検討されたサービスを提供する際、お客様に代わってデータを収集し処理することができることに同意します。 これには、関連会社や第三者のサービスプロバイダへのお客様データの移転が含まれます。 本契約のサービス提供を目的とする場合を除き、弊社がお客様の許可なしにお客様情報を利用しまたは第三者と共有することはなく、お客様の特定の裁判管轄地で適用されるプライバシー及びデータの保護に関する法律を遵守します。
    お客様の裁判管轄地のプライバシー及びデータの保護に関する法律で特に禁止されていない限り、弊社はお客様情報を他の国及び裁判管轄地に移転することができます。但し、弊社が情報を移転する先の者が適切なレベルの保護を提供することを条件とします。 さらに、お客様の個人情報は犯罪の予防及び発見並びに法的義務の遵守のために法執行機関その他の当局による入手および観覧が可能となっております。

    一般条項

    1. 下請契約者: 弊社は第三者に弊社の義務の履行を下請させ又は譲渡することがありますが、その際お客様に対する弊社の義務が解除されるものではありません。
    2. 権利放棄および可分性: いずれかの契約当事者が他方当事者による本契約の規定の履行を要求することを怠ったとしても、それ以降のある時点で当該履行を要求する完全な権利に影響を与えるものではありません。また、本契約の規定の違反に関するいずれかの当事者による権利放棄が規定自体の権利放棄とされることもありません。 これらの諸条件に関するいずれかの規定が適用法に基づき執行不能もしくは全体として無効となるか、又は適用される裁判所の判決によりそのように判決された場合、かかる執行不能又は無効によりこれら諸条件が全体として執行不能もしくは無効とされるものではなく、そのような場合、当該規定は、適用法もしくは適用される裁判所の判決の範囲内で、当該執行不能な又は無効の規定の目的を最適に達成するよう変更され、解釈されることになります。
    3. 通知: お客様は、あらゆる目的のため、お客様が弊社に提供する電話番号、所在地住所又は電子アドレスで連絡を受けることに明示的に同意します。 本契約に関するすべての通知もしくは要請は書面によるものとし、郵便、e メール、ファクシミリ、SMS 又は公認の宅配便を含む妥当な手段により送付されるものとします。 お客様への通知は、お客様が弊社に提供した e メールもしくはファクシミリでお客様に送信された時点で、又はお客様提供の所在地住所宛に郵送されてから 3 日後に送達されたものとみなします。 4. 法律: このサービス契約は、日本国法に準拠します。

    完全合意

    購入証明書の規定、条項、条件、制限、例外及び適用除外を含む本契約並びにお客様の購入証明書は、弊社とお客様間の完全なる合意を構成し、本契約にないいかなる表明、約束もしくは条件も、法により要求される場合を除くほか、かかる項目を修正しないものとします。

2020 年度 香川大学生協食堂の営業予定

営業日程はこちら
×

2020 年度 香川大学生協食堂の営業予定

画像:営業予定

画像:営業予定

商品の お渡し について

4月27日以降のご注文は、幸町キャンパスの生協ショップにて承ります。

生協ICマネー事前チャージ
30,600円チャージ済みの「学生証」が入学式後に大学より配布されます。生協共済加入でも申込されている場合は61,200円になります。

食育ミールカード
入学式後に大学から配布される「学生証」に既にミールカード機能が付与されています。
4月2日(木)開催の「ミールカードのつどい」にも是非ご参加ください。また利用履歴は保護者の方へ送付いたします。

推奨パソコン・周辺機器
パソコン・周辺機器は、下記日程でお渡しとセットアップ講習会を実施します。セットアップ講習会は、パソコンの初期設定、ソフトのインストール等で約2時間要します。
複合機をお申し込みの方は、宅急便で配達しますので、送り先の住所がわかるよう準備をお願いします。

●教育学部、法学部、経済学部、医学部の方
  4月4日(土)~5日(日)に学部別にお渡しします。詳しくは、ご注文頂いた方に別途ご案内します。
●創造工学部の方
  4月7日(火)に林町キャンパスでお渡しを行います。
  詳しい内容については4月3日(金)の入学式の際に学部から配布される資料でご確認ください。
●農学部の方
  4月4日(土)に三木町の農学部キャンパスでお渡しを行います。AM9:30開始(AM12時終了)予定です。
  詳しい内容については4月3日(金)の学部ガイダンスでご確認ください。

対象学部日付時間場所
教育学部4月4日(土)~5日(日)に学部別にお渡しします。
詳しくは、ご注文いただいた方に別途ご案内します。
幸町キャンパス内
※詳しくは、ご注文いただいた方に別途ご案内いたします。
法学部
経済学部
医学部
創造工学部4月7日(火)4月3日(金)の入学式の際に学部から配布される資料でご確認ください林町キャンパス(創造工学部)
農学部4月4日(土)4月3日(金)の学部ガイダンスでご確認ください三木町・農学部キャンパス

≪当日持参いただく物≫
①香川大学IDとパスワード(学生証と一緒に配布されます。)
 ※ソフトのインストールや学内無線LAN接続に必要です。
②筆記用具
③購入予約明細書

≪注意事項≫
  • 動産保険付4年間PCハードウェア保証(お申し込みの方)は、セットアップ講習会での登録が必要です。登録をされませんと保証を受けることができません。
  • セットアップ講習会にてOfficeソフト、ウイルス対策ソフトのインストール作業を行います。セットアップ講習会に参加されませんと、ご自身でインストールされるまでは、上記ソフトが使用できないままとなります。
複合機
複合機(プリンター)は宅配になります。パソコンお渡し時に配送先とご希望日時をお伺いします。(パソコンお渡し後約1週間後)

電子辞書
4月6日(月)~8日(水)に幸町キャンパス生協ショップ(大学会館1階)にてお受け取りください。「第2言語あり」のモデルを注文されている方へは第2言語カードの引換券をお渡ししますので、履修確定後に生協ショップまで取りにお出でください。

英語教材・TOEICスターターキットPlus
ご注文後、順次ご自宅に発送させていただきます。配送日の指定はできません。
ご注文いただいてから約1週間程度かかります。

パソコンスキルアップ講座
4月13日(月)~17日(金)に開かれる開始ガイダンスに1回ご参加ください。内容は各回同じです。
詳しくは下記別表をご参照ください。

英語deコミュニケーション講座
4月14日(火)~17日(金)に開かれる開始ガイダンスに1回ご参加ください。
内容は各回同じです。詳しくは下記別表をご参照ください。

つどい・講座名日付時間場所
ミールの集い4月2日(木)10:30~14:00幸町キャンパス第一体育館
パソコンスキルアップ講座
(ノートパソコンを必ずご持参ください)
4月13日(月)①16:20~17:50
②18:30~20:00
幸町キャンパス内
※詳しい場所については、お申込みいただいた方に別途ご案内します。
4月14日(火)①16:20~17:50
②18:30~20:00
4月15日(水)①16:20~17:50
②18:30~20:00
4月16日(木)①16:20~17:50
②18:30~20:00
4月17日(金)①16:20~17:50
②18:30~20:00
英語deコミュニケーション講座 4月14日(火)18:30~20:00
4月15日(水)13:00~14:30
4月16日(木)①16:30~18:00
②18:30~20:00
4月17日(金)18:30~20:00
ミールの集いは、ミールカードの利用のご案内をさせていただきます。
各講座のガイダンスは、各回同じ内容を行いますので、必ず1回はガイダンスにご参加ください。

インターネット回線のお申込み
関係書類を別途お送りしますので、重要事項説明に同意の上、「大学生協ひかり」申込用紙にご記入いただき、ご返送ください。お申込が完了次第、「大学生協ひかり」より電話確認をさせていただきます。

自転車
3月23日(月)~4月3日(金)の間で受取希望日をご指定ください。ただし、お申込みされる日から1週間以降でお願いします。受取場所は
 3月中:大学会館1階食堂ホール内の新入生サポートセンター 
 4月1日以降:大学会館1階 生協ショップ
となります。

入学記念アルバム
2020年9月末までにご実家にお送りいたします。

消費税について

当サイトは全商品税込み価格で表示いたしております。

キャンセル・返品について

キャンセルは商品発送及びお渡し前まで可能です。返品の場合は商品開梱前のみ商品到着後、及びお渡し後の8日間以内であれば可能です。

※お客様都合での返品はお受けできませんのでご了承ください。
※ミールカードの途中解約については、ミールカード規約をご確認ください。
※パソコン総合サポート講座、英語deコミュニケーション講座のキャンセルについては、講座の約款をご確認ください。

返品キャンセルをご希望される場合は、下記、電話番号へ直接ご連絡ください。当サイト上からの手続きはお受けしておりませんのでご注意ください。

フリーダイヤル 0120-35-3120

販売業者について

香川大学生活協同組合
所在地:〒760-0016 香川県高松市幸町1-1
電話番号:フリーダイヤル 0120-35-3120 (受付時間 10:00〜17:00)

お支払い方法とご購入の流れ

ご利用いただけるお支払い方法

郵便振替分割払いクレジットカード支払い(VISA、MASTERCARD、JCB)、 コンビニエンスストアでの支払いローソンファミリーマートミニストップセイコーマート)からお選びいただけます。

郵便振替の場合

お送りする「ゆうちょの払込用紙」にて、1週間以内を目処に払い込みください。

分割払いの場合

「大学生協ローン申込書」(郵送でお送りします) に記入いただき、同封の封筒で一週間以内を目処にご返送ください。
※Webでのお手続きをご案内する場合がございます。
※大学生協ローンは 株式会社セディナ の審査を受けますので、あらかじめご了承ください。

  • ※食育ミールプランの場合は、分割払い対象商品をお選びください。
  • ※生協ICマネー事前チャージ(商品NO.1)は、分割払いをご利用になれませんのでご了承ください。
分割払いのお支払い方法は2種類
1.均等分割払い

毎月均等による返済となります。
3・6・10・12・15・18・20・24・30・36回払いの中からお選びください。

2.ボーナス併用均等分割払い

毎月の返済金額を低くおさえることができます。ボーナス加算月は、加算支払い金額と合わせての返済となります。

低金利(実質年率9.0%)

(例)300,000円①均等分割払いの場合
上段…1回目の支払額、下段…2回目以降の支払額

ご購入商品金額(例) 300,000円
返済回数(月数)と1回あたりの支払い額(単位:円)
6回 10回 12回 20回 24回 36回
51,420
51,300
31,710
31,200
26,620
26,200
16,380
16,200
13,820
13,700
10,940
9,500

クレジットカード支払いの場合

VISA、MASTERCARD、JCBに対応、クレジットカードによるお支払いをご利用いただけます。ご購入と同時に決済は完了いたします。

  • VISA
  • MASTERCARD
  • JCB
  • 生協ICマネー事前チャージ(商品NO.1)と食育ミールカード(商品NO.2~6)は、クレジット払いをご利用になれませんのでご了承ください。
  • クレジット支払可能商品と不可商品がございますので、2回以上に分けてご注文ください。
  • クレジットカード決済をされる場合は、「キャッシュレス・消費者還元事業」のポイント還元対象となります。
    ※「キャッシュレス・消費者還元事業」については こちら をご参照ください。

コンビニエンスストアでの支払いの場合

ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、セイコーマートでのお支払いをご利用いただけます。

※ご購入金額が30万円を超える場合は、コンビニ支払いはご利用いただけませんので2回以上に分けてご注文ください。

  • ローソン
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • セイコーマート
ローソンをご利用の場合

コンビニ支払い ローソン

お近くのローソンにて、一週間以内を目処にお支払いをお願いいたします。

  1. お申込み時にいただいたメールアドレスに、「お支払受付番号」をお送りしております。
    また、マイページの利用履歴からもご確認ができます。
  2. 店頭のLoppi端末に「お支払い受付番号」と「ご自宅電話番号」を入力してください。
  3. 端末から出力された「申込券」をレジにてご提示の上、お支払いください。
ファミリーマートをご利用の場合

コンビニ支払い ファミリーマート

お近くのファミリーマートにて、一週間以内を目処にお支払いをお願いいたします。

  1. お申込み時にいただいたメールアドレスに、「お支払受付番号」をお送りしております。
    また、マイページの利用履歴からもご確認ができます。
  2. 店頭のFamiポート端末に「お支払い受付番号」と「ご自宅電話番号」を入力してください。
  3. 端末から出力された「申込券」をレジにてご提示の上、お支払いください。
ミニストップをご利用の場合

コンビニ支払い ミニストップ

お近くのミニストップにて、一週間以内を目処にお支払いをお願いいたします。

  1. お申込み時にいただいたメールアドレスに、「お支払受付番号」をお送りしております。
    また、マイページの利用履歴からもご確認ができます。
  2. 店頭のMINISTOP Loppi端末に「お支払い受付番号」と「ご自宅電話番号」を入力してください。
  3. 端末から出力された「申込券」をレジにてご提示の上、お支払いください。
セイコーマートをご利用の場合

コンビニ支払い セイコーマート

お近くのセイコーマートにて、一週間以内を目処にお支払いをお願いいたします。

  1. お申込み時にいただいたメールアドレスに、「お支払受付番号」をお送りしております。
    また、マイページの 利用履歴からもご確認ができます。
  2. 店頭のクラブステーション端末に「お支払い受付番号」と「ご自宅電話番号」を入力してください。(※3月31日23:19までです)
    ※2020年3月31日23:20から下記の様に変更になります。
    店頭レジのレジ画面に「お支払い受付番号」と「ご自宅電話番号」を入力してください。
  3. 端末から出力された「申込券」をレジにてご提示の上、お支払いください。

購入後の郵送書類について

以下の書類を郵送で、ご自宅住所宛にお送りいたします。

  • 「購入予約明細書」
  • 「お渡しについてのご説明文」
  • 「ゆうちょの払込用紙」(郵便振込をご利用の場合)
  • 「大学生協ローン申込書」 (分割払いをご利用の場合)

生協加入について

商品購入など、大学生協のサービスをご利用いただくには生協加入が必要です。加入は商品ご購入と前後しても構いませんので、 ご注文後に加入申込書をお送りさせていただきます。
※加入に必要な出資金は各大学生協までお問い合わせください。

しばらくお待ちください。