入寮を希望される方

はじめにお読みください

大学生活ハウマッチ

大学生活スタート!大学生活は高校時代とは大きく違い、さまざまな出費が伴い、それを自分で管理していかなければなりません。その現実をみなさんも保護者の方と一緒にシミュレーションしてみましょう。

参照データ:第53回大学生の消費生活に関する実態調査、2017年度保護者に聞く新入生調査から

※一部の例であり、各大学によって異なります。

生活費のハウマッチ 1ヶ月の収入と支出

自宅生<全学年>

中国四国 全国平均
収入 こづかい 15,130円 13,550円
奨学金 15,550円 11,040円
アルバイト 31,040円 37,920円
その他 1,360円 1,350円
収入合計額:62,230円 64,070円
中国四国 全国平均
支出 食費 12,360円 12,580円
住居費 700円 270円
交通費 7,390円 8,680円
教養娯楽費 8,240円 9,470円
書籍費 1,040円 1,340円
勉学費 950円 1,130円
日常費 4,550円 5,280円
電話代 2,200円 2,210円
その他 3,300円 2,770円
貯金・繰越 20,570円 18,880円
支出合計額:61,310円 62,590円

下宿生<全学年>

中国四国 全国平均
収入 仕送り 62,370円 72,980円
奨学金 22,570円 20,190円
アルバイト 30,080円 28,770円
その他 2,190円 1,820円
収入合計額:117,320円 123,890円
中国四国 全国平均
支出 食費 24,480円 25,190円
住居費 47,300円 52,820円
交通費 1,890円 3,330円
教養娯楽費 10,340円 9,830円
書籍費 1,350円 1,510円
勉学費 1,650円 1,380円
日常費 6,160円 6,070円
電話代 3,560円 3,800円
その他 4,180円 3,010円
貯金・繰越 13,230円 13,820円
支出合計額:114,160円 120,750円


※『下宿生』・・・「寮生」を除く自宅外生のこと。
アパート・マンションを始め、学生会館、貸間なども含んだ住まいの学生を「下宿生」として集計しています。

アルバイトのハウマッチ

出典:第53回学生の消費生活に関する実態調査(2017年)

現在アルバイトをしている

1週間の勤務時間

半年間のアルバイト収入の用途(住まい別)

半年間のアルバイト収入の用途(男女別)

半年間のアルバイト収入の用途(重点例)

奨学金のハウマッチ <1年生>

出典:第53回学生の消費生活に関する実態調査(2017年)

奨学金はもらっている?

奨学金の使徒は?

1ヵ月の奨学金の受給金額

受験・入学時にかかった費用

受験・入学時の費用の比較

下宿生 国公立 私立 全体
出願までに 116,600円 139,100円 123,100円
受験 86,400円 74,700円 83,100円
入学大学納付金 625,600円 951,600円 722,400円
合格発表/手続 39,400円 39,500円 39,400円
入学式出席 39,600円 41,900円 40,300円
教科書・教材 210,600円 180,500円 201,800円
住まい探し 192,800円 218,100円 200,100円
生活財購入費用 314,500円 310,600円 313,400円
その他 286,500円 249,000円 275,500円
合計 1,989,000円 2,235,400円 2,061,600円
後期納付予定額 270,900円 552,900円 349,900円
未入学大学納付金 291,800円 271,900円 290,400円

自宅生 国公立 私立 全体
出願までに 132,700円 156,400円 144,200円
受験 17,500円 14,900円 16,300円
入学大学納付金 626,100円 933,200円 777,400円
合格発表/手続 3,900円 3,700円 3,800円
入学式出席 5,100円 4,400円 4,700円
教科書・教材 179,200円 136,800円 158,200円
住まい探し - - -
生活財購入費用 89,100円 84,400円 87,000円
その他 110,500円 85,700円 99,100円
合計 1,278,400円 1,484,800円 1,381,000円
後期納付予定額 271,000円 567,200円 414,600円
未入学大学納付金 285,500円 264,900円 282,200円

※平均額について
1.各費目の金額および合計額は、「有額平均額」で表示しています。
2.各費目の金額および合計額は、各々の平均額です。そのため各費目の平均額を合計したものと、合計の平均額は一致しない場合があります。

一部の例であり、各大学によって異なります。

予定と違って困ったこと(複数回答) 自宅生

予定と違って困ったこと(複数回答) 寮生

予定と違って困ったこと(複数回答) 下宿生

地域別一人暮らしのための費用比較

グラフ

寮生の先輩の声

柿太士(工学部4年生) さん(池の上学生宿舎2号館)

安くて近い学生宿舎!!
IMG_4902.jpg  学生寮の一番のメリットは家賃がとても安い事です。広島大学周辺の物件と比べるととても安く、また広島大学の職員さんが管理人をしていらっしゃるので安心して住むことができます。
 広島大学のある西条には学生が多く住んでいることから、様々な物件がありますが、自分が寮に住んでみたいなと思った一番のポイントはやはり家賃の安さでした。大学生になってから初めのころは、入学金を払ったり、様々な生活用品をそろえたりして、どうしてもお金がかかってしまいます。一人暮らしの場合それらに加えて家賃の事も考えなければなりませんでした。そこで家賃の安い寮に住めたらなと思うようになりました。
 初めて寮の自分の部屋に行ったときは部屋の3分の1、体感的には2分の1を占めているのではないかと思うような大きな2段ベッド(下は収納スペース)が狭い部屋にドンと入っていて、こんな狭い部屋でやっていけるかどうか不安でした。しかし、狭いながらもキッチンや学習机はあるし、共用スペースにトイレと風呂場があったりと、生活に必要なものがだいたい揃っていて生活に困ることは全くありませんでした。また、小さい冷蔵庫なら部屋に入るのでそこに食材を買ってきて、キッチンで料理を楽しむこともできました。寮自体も改築したばかりで、自室はもちろん、共用スペースのお風呂やトイレもとても新しいです。
 共用スペースについては、住む以前は、共用の所になんか住みたくない...と思っていましたが、実際使ってみると施設が新しいので使いやすく、清掃もある程度は行き届いていて普通に使うことができました。好きな時に使うことができますし、時間を少しずらせば一人で使うこともできます。多分まだ、学生寮に住んでいない人は想像がつかないかもしれませんが、一般にいう、共同のお風呂やトイレよりはだいぶ使いやすいのではないかと思います。また寮の周りを歩いていても学生が住んでいるのか不思議に思うほど静かで、周りは木々に囲まれていて自然豊かなところでもあります。
 学生宿舎では夏に素麺流し、冬には餅つきなんかをやっていて他の寮生のみんなと様々なイベントを楽しむこともできます。大学生活初めの2年間、学生宿舎で過ごしてみるのもまたいい思い出になるかもしれません。

森 麻耶さん さん(池の上学生宿舎 )

寮には魅力がいっぱい!
LINE_P20171214_210810410.jpg

私は入学前寮と聞いて、規律が厳しくあまり清潔でない印象を持っていました。しかし、入居してみると広島大学の学生寮は女子寮でも門限は無く、数か月に1度回ってくるゴミ当番や防災訓練を除くと特に仕事などもありません。また、衛生面でも週に1度、清掃員の方が清掃に来てくれるので、廊下や共用のキッチン、浴室もそれ程汚れが目立ったりすることはありませんでした。住み始めた最初は部屋が狭いなと感じていましたが、狭さのおかげで冷暖房などがすぐにきくという思わぬ利点もあります。実際に、友達が寮に遊びに来た時「思ってたより綺麗だし部屋の狭さも落ち着くし、私も住みたくなってきた!」と言ってくれるほど、慣れると逆に狭い方が落ち着くようになります。また、セキュリティの面では、女子寮は特別な場合を除き許可証がなければ男性は入ることができず、防犯カメラも数か所に設置されており、さらには警備員の人も見回ってくれることから、不安になったことはありませんでした。しかし、まれに下着泥棒なども出るので、これは寮以外に住むときも同じですが、下着などは室内に干したり、窓を開けっ放しにしないなど最低限の自衛は必要かなと思います。

私が寮に住む一番大きなメリットだと思うのは、寮を出るまでの間に大学周辺の環境をよく理解することで、いざ退寮した時の住まい選びに失敗しにくいということです。家賃だけで選んだら、学校まで距離があり通うのが大変だった、良い物件でと思ってけど近くが居酒屋で夜も騒ぎ声がうるさいなどといった失敗も防げるではないかなと思います。寮にいる間に周辺で通いやすい場所や住みやすそうな所に目星をつけてみたり、友達の家に遊びに行った際、こういう家具を置きたいや調理台は広い方がいいなど自分が住みたい部屋をじっくり考える時間があるのは寮ならではの魅力です。もう1つの長所は、寮の中で他学部や留学生と交流できるところです。特に共用のキッチンは、料理をしていると中国から来た留学生の子に「おいしそうだね。」と話しかけてもらえたり、フランス人の子におすすめの観光場所を教えてもらえたりしました。また、寮にいるほとんどが同じ1年生なので授業やサークルのことを話したり、不安を共有することもできます。廊下ですれ違っても皆優しく挨拶してくれるので、家族と離れている寂しさを感じることはほとんどありません。他にも寮にはたくさんの魅力があるので、ぜひ寮に住んで見つけてみて下さい!!

平見 真希人 さん(池の上学生宿舎 Bタイプ)

学生寮にしかない魅力
Image_317fbc1.jpg

自分が学生寮に住もうと思った理由は、一人暮らしへの不安があったからです。

もちろん学生寮でも、部屋は一人用なので一人暮らしと変わらないのですが、周りに住んでいる人たちが全員確実に広島大学の学生という点で安心して生活をすることができました。

学生寮の敷地内に職員さんや警備員さんが在中しており、困ったことがあればすぐに相談することができます。

また、学生寮に住むメリットとしては、やはり家賃の安さが挙げられます。特に自分が暮らしているBタイプの部屋は家賃が安く、広島大学周辺の物件一ヶ月分の家賃で、数ヶ月間暮らすことができます。また、ガス料金などもフロアのメンバーで分割して払うことになるので、かなり安くて済みます。大学までもとても近くて歩いて行ける距離なので、雨の日や雪の日も移動手段に困ることはありません。

Bタイプの建物の特徴としては、お風呂とキッチン、洗濯室が共用スペースとなっていることが挙げられます。入寮する前は、共用になっているのは少し嫌だなと感じていましたが、いざ入寮してみると、ほとんど気になることはありませんでした。夜になるとお風呂場が混雑するのではないかと考えていましたが、各フロアに3つずつシャワールームと浴槽が一室あるので長時間待たなければいけないということはありませんでした。定期的に職員さんが清掃に来てくれるので自分で掃除する手間もありません。

学生寮にはベッドや机が用意されていたので、自分で用意する必要はありませんでした。また、共用スペースに電子レンジも置かれているので入学時に買い揃えなくてはいけないものが少なくて済みます。入学前後は引越しなどの準備でとても忙しく、お金もかかるので生活への準備が必要最小限で済むというのはとても助かりました。共用スペースに冷蔵庫もあるのですが、自分の部屋にも小さめの冷蔵庫を用意するのがオススメです。

学生寮には学生寮にしかない魅力があります。留学生が多く暮らしているので、交流する機会も多く、キッチンで料理をしていたりするので外国の文化に触れることもできます。宿舎内の談話室でテスト前に友達と勉強したりと交流を深めることもできます。クリスマス会などのイベントが開催されることもあり参加することで大学生活の良い思い出になること間違いありません。是非学生寮で暮らしてみませんか。

※記載の学年は取材当時のものです。

しばらくお待ちください。