大学生協ってなぁに?

広島大学生協 のご紹介

広島大学生協 とは

広島大学 画像 広島大学生協 は、広島大学の学生・院生・教職員が出資し、利用し、運営する組織です。ほとんどの学生のみなさんが出資し、広島大学生協の組合員となっています。
広島大学生協 は、広島大学より福利厚生について委託を受け、東広島キャンパス、霞キャンパス、東千田キャンパスで、それぞれ食堂、ショップ(キャンパスコンビニ+ブックストア)等を運営しています。教科書やパソコンの販売、旅行チケットの手配、公務員試験対策講座やパソコン講座の運営、新入生のみなさまへは「住まい紹介」や「家具家電などの新生活用品の提供」もすべて広島大学生協が行っています。
組合員のみなさんの声を反映し、商品・サービス・営業時間など広島大学にふさわしい店づくりを進めています。



広島大学生協 では、広島大学生の ほとんどが加入 し、組合員数は 約18,000名 です。
生協を利用するには 生協の加入が必要 です。加入し組合員になるための出資金は 15,000円 でお願いしています。
※東千田キャンパスの法学部・経済学部夜間主コース、社会科学研究科(マネジメントコース)、法務研究科の方は10,000円、留学生は2,000円でお願いしています。
※お預かりした出資金はご卒業時に返還されます。

生協の仕組み 詳細へ

新生活のスタートを私たちがサポートします

一人暮らしのための住まいの紹介

合格したらどこに住んだらいいのか?不安ですよね。生協はたくさんの地元大家様のご協力を得て、広島大学生が住む大学周辺の約6,600室を登録しています。内約2,600室は生協が24時間管理もしています。これは地域No.1なんです!
更新料・更新手数料のある物件は取り扱っていません(一部提携業者の物件を除く)。原則として、退去時は特別な汚損や破損がない限り、敷金は全額返還されるシステムで、現在99%の物件がそうなっていますので安心です。ですから、新入生の多くが広島大学生協でお部屋を決められています。
たくさんの物件の中から、先輩広島大学生が一緒に探しますので、あなたの要望にあった住まいを見つけることが出来ます。

共済ご加入で安心・安全の生活を

大学生になると、行動範囲が大きく広がります。それは、ケガや事故にあったり、病気になったりする可能性も増えると言うことです。そんな大学生活も、不安無く過ごしてもらうためにあるのが共済です。生協・共済にご加入いただきまして、安心・安全な学生生活を過ごしていただけたらと思っています。
大学会館1階に生協事務所がございます。お気軽にご相談ください。

広島大学 生の食生活はミールカードにお任せ!

広島大学 は約85%の方が親元をはなれて一人暮らしをされています。生協食堂ではそんな皆さんのために「ミールカード」という便利で安心で経済的なシステムをご用意しています。ミールカードは、生協食堂利用の年間定期券です。一人暮らしで一番不安な食生活は、生協にお任せください。

大学生に不可欠となったパソコン・インターネットをサポート

今の大学生活においてパソコンは必要不可欠なものになっています。インターネットを利用した情報の検索・収集や発信、レポートや論文の作成、電子メール、勉学や研究、サークル活動など様々な場面でパソコンが活用されています。さらにいずれ皆さんが直面する「就職活動」では、パソコン習熟度がさらに重要となります。
会社の資料請求や会社訪問の受付など、多くの企業が「e-mail」、「インターネット」を利用しています。これは企業側が、「今どき大学生はパソコンが使えて当たり前」との観点から、採用の判断材料のひとつにしているからです。また、履歴書には「メールアドレス」の記入欄が当たり前に載っています。つまり、パソコンにどれだけ習熟しているかが就職活動にも影響を与えます。
広島大学生協 は、新入生の皆さんができるだけ早くパソコンに慣れていただけるよう、そして勉学・研究、さらに就職活動の必須アイテムとして活用いただけるよう、皆さんのサポートをいたします。

他のコンテンツも見てみよう!

しばらくお待ちください。