先輩たちの生Voice♪

頑張っている先輩紹介

れいなん さん(理学部数学科)

大切にしていること

 私は理学部数学科に在籍しています。2回生になると専門的な授業も多くなり、評価法はテストのみだったりするため大変ですが、新しい概念と出会うことができ、楽しんで勉強することができています。大学生活では勉強はもちろん、私にはもう一つ大切にしていることがあります。
 それは、サークル活動です。私は2つの団体に所属しています。GIでは、愛媛大学生に向けたたくさんの企画の運営をしています。ESPでは、ドラムやギターを担当していろいろなバンドをコピーしてライブに出ています。どちらの活動も積極的なもので、勉強も含め両立させることはとても大変です。しかし、広い人脈を持ち、いろいろな人と関わることで、どんなことにも代えがたい経験をたくさん積むことができています。
 大学生活が充実した楽しいものになるよう、これからも頑張ります!

だいちょる さん(工学部電気電子工学科)

理系男子の大学生活

 僕は工学部電気電子工学科に所属しています。学科の名前通り電気や電子について詳しく勉強します。一見難しそうに見えますが高校数学や高校物理の延長なので高校で学ぶ程度の内容を理解できていればさほど難しくないと思います。数学と物理が得意な僕にとっては目を輝かせながら日々の授業を聞いています。大学生は勉強だけでなく、バイトをしたりサークル活動をしたりして大学生活を楽しんでいます。
 僕は愛媛大学生協学生委員会(GI)という、生協所属の学生団体に入っています。主な活動として、学内のイベントを企画・運営したり、受験生・新入生のサポートをしたりしています。どの活動もやりがいがあって、楽しんで活動しています。
 理系はレポートなどで忙しいですが、隙間時間にバイトや好きなことができるので、充実した大学生活は送れると思います。
自分のやりたいことを見つけるのが大学生活の醍醐味なので、受験生の皆さんが愛媛大学で素敵な大学生活を送れることを願っています。

だっきー さん(工学部電気電子工学科)

「選択の自由」

 私は工学部電気電子工学科の新3回生です。工学部は改組によりカリキュラムが変更されましたが、今でいう工学部工学科電気電子コースにあたります。2回生の後期から、講義もかなり理系に特化したものになり、日々勉強しています。2年前の春に愛媛大学に入学してから、最も強く感じていることについてお話させていただきたいと思います。
 もっとも感じていることは「選択の自由」です。大学生活は、高校生活に比べ学習のカリキュラムや生活の自由度が大きく異なります。サークルにバイト、ボランティア、人との関係など…人によって講義の時間が異なり、空きコマなど時間的な余裕もあります。長期休暇も高校に比べてかなり長いです。
 私は、長期休暇を利用して、短期バイトや合宿教習所で免許の取得、自転車で四国一周を行いました!時間に限りはありますが、高校の時に比べてできることは確実に多いと感じました。4年間という時間の中で、自分の趣味や特技を伸ばし、新たなチャレンジや人間関係など、様々な経験がいつか生かされる時が来ると思います!
 より良いキャンパスライフを送れるよう、頑張っていきましょう!応援しています!

※記載の学年は取材当時のものです。

先輩の体験談やおすすめ情報を見て参考にしよう!

しばらくお待ちください。