愛媛大学生協 公式 大学受験・入学準備の応援サイト
もりっちさん
2020/07/17
もりっちさん
理学部 2018年度入学(一般前期)
人一倍授業を理解できるように努力しました
 私は愛媛大学理学部理学科に前期の化学受験で合格しました。私が愛媛大学を受験しようと決めたのは、センター試験の自己採点が終わった後の担任との面談でした。
 ただ、テニス部と生徒会執行部に所属していたので、家庭での勉強に使える時間はかなり限られていました。やはり周りと比べると家庭の学習時間は少なかったと思います。そこで、人一倍授業を理解できるように努力しました。
 しっかり勉強に打ち込めるようになったのは部活が終わった3年の夏休みでした。夏休みは補習でセンター試験対策として各科目に力を入れていましたが、補修のない日は図書館で開館から閉館まで苦手科目の英語を1から勉強し、特に文法と単語を定着させるようにしました。また、二次試験対策として化学は重要問題集、数学はチャートを何回も解きなおしました。これらは基礎的な問題から、応用問題まで様々な内容を取り扱っており十分に二次力が養われました。受験する大学を決めてからは赤本で対策をしましたが、万が一に備えて前期試験だけでなく中期や後期試験の対策も並行して行いました。
 しかし、好きな科目の化学以外はあまり本格的には取り組めませんでした。ですが前期試験の化学の問題は例年とは大幅に変わっており、手も足も出ないまま終わってしまいました。もう少し数学や、物理、生物を勉強していれば分かったはずでした。
 ここで私が言いたいのは、万全の対策をしていても失敗はあり、これまで興味を示さなかった事象を深く考えてみることで、その突破口が見つけられるということです。皆さんが愛媛大学に合格することを祈っています。 
この先輩が利用した入学準備