保護者必見!食生活と生協食堂

食生活の重要性と大学生の食事の実態

大学生の食生活の実態?!

いま多くの大学生の食生活が乱れています。カップ麺、コンビニ弁当、欠食、野菜不足…。下の写真をご覧ください。男子学生、女子学生それぞれの1日の食事内容を撮ったものです。
このような学生がたくさんいます。大学生活の4年間は「大人」になるための準備期間です。これからの食生活が、未来のあなたの体、そして、将来できる子どもの体をつくります。大学生活で規則正しい食習慣の基礎をつくりましょう。
梅光学院大学生協は、ミールカードによって安心・安全で規則正しい食生活ができるよう、サポートします。

画像

自宅生の3つの特徴は?

画像

ミールカード利用の先輩の声

文学部 人文学科(3年) 三河内 雄基さん

画像 毎日、食事は食堂で食べています。ミールカードを使うことで、野菜も十分に摂れて栄養のバランスが偏らず満足しています。

ミールカードを申し込んだ理由
私がミールカードを申し込んだのは2年生の春からです。ミールカードを初めて知ったのは入学後、食堂の会計で友達がミールカードを利用していた時でした。カードの中には当日分のお金が入っていて、会計の時間が早かった事に驚きました。また、私の財布の中のお金は、部活の費用や交通費などにも使うことから、食事の値段を気にしながらメニューを頼んでいました。しかしその友達はたくさんのメニューの中から、その日に使える分の食事を選んで頼んでいました。そのような事を毎日行っている友達を見ていて、楽で良いなぁと思い、私もミールカードを申し込む事にしました。

ミールカードを1年間使った感想
ミールカードの申し込みをしていなかった時期は、お金を部活の道具や好きな事に使っていたので、足りなくなったら昼食を軽めにしたり、食べなかったりしていました。しかしミールカードにしてからは、毎日お金の管理に困ることなく昼食を摂ることができています。また、その日の分を使わなかったら翌日に持ち越しされないという事なので、用事ができてお昼休みに食べることができなかった時でも、営業時間内であればいつでも使用する事が出来ます。ですので、少しの空き時間を利用して食堂で食べています。
食堂ではサラダバーもあり、当日分の利用金額に満たない時は出来るだけ利用金額に近づけるようにサラダバーを利用しています。野菜も十分取れるので栄養のバランスも偏りがなく大変満足しています。
とある1日

他のコンテンツも見てみよう!

しばらくお待ちください。